Skip To Content

LIDAR

LIDAR は、光エネルギーのバースト (レーザー パルス) が地表面に到達し、反射してセンサーへ戻って来るまでの時間を計ることで標高を計測するリモート センシング技術です。通常、このシステムは航空機に搭載されますが、地上に設置して使用することもできます。

LIDAR の例

GPS は、標高の計測値のうち水平座標を求めるために使用されます。INS (Inertial Navigation System) は、地表面を基準にした航空機の方向の変化を補正します。

LIDAR システムは膨大な数の計測値 (点群と呼ばれる) を収集し、これらの計測値によって、詳細な標高モデルの構築が可能になります。1 つのレーザー パルスが、地表まで到達する間に、植生などの部分的に密度の高いオブジェクトを通過する場合、複数の計測値が返されることがあります。これらの戻り値は、後処理ソフトウェアによってオブジェクトのタイプ別に分類できます。したがって、LIDAR は地表面の標高モデルを生成できるとともに、樹木、建物、道路を表示するサーフェス モデルを生成することもできます。

詳細については、ArcMap ヘルプ トピック「LIDAR データとは」をご参照ください。