ポリシー マップの作成

ポリシー マップは、政策的な介入が必要な地域を示すマップです。 ここではカリフォルニア州パサデナ市のポリシー マップを作成しますが、これは歩行者または自転車に乗った人が負傷または死亡した交通事故が最も多い 5 つのスクール ゾーンを示すものです。 これにより市当局は、これらの地域の安全向上に向けた政策努力に重点を置くことができます。

マップへのデータの追加

マップのテーマは、パサデナ市における歩行者と自転車の事故なので、まずは関連するデータを新しいマップに追加します。

  1. 指定ユーザー アカウントを使用して、ArcGIS の組織アカウントまたは ArcGIS Enterprise にサイン インします。
    メモ:

    組織のアカウントがない場合、ArcGIS の無料トライアルにサイン アップできます。

  2. 組織サイトのホーム ページ上部にある [マップ] をクリックします。

    リボンの [マップ] オプション

    新しいマップが開きます。 新しいマップのマップ範囲は、組織のデフォルト範囲に設定されます。

  3. リボンの [追加] をクリックし、[レイヤーの検索] を選択します。

    [追加] ボタン、[レイヤーの検索] オプション

    検索ウィンドウが開きます。 デフォルトでは、アカウント内のデータのみを検索するように設定されています。 ここでは、このレッスン用に特別に準備された、Learn ArcGIS の管理者アカウントがホストするデータを追加します。 このデータは元はパサデナ市によってコンパイルおよびアップロードされたものです。

  4. [マイ コンテンツ] をクリックし、[ArcGIS Online] を選択します。

    検索パラメーター用の ArcGIS Online オプション

  5. 検索ボックスに「Traffic Collisions」と入力します。 検索を絞り込むために、「owner:Learn_ArcGIS」を追加します。 Enter を押します。
  6. 結果のリストで、[Traffic Collisions] に対して [追加] ボタンをクリックします。

    検索結果から Traffic Collisions レイヤーを追加する

    レイヤーがマップに追加されます。 マップ上でレイヤーの範囲が拡大表示されます。これがカリフォルニア州パサデナ市です。

    メモ:

    ブラウザー ウィンドウのサイズによっては、デフォルトのズーム範囲は図例と表示が異なる場合があります。 必要に応じて、マップを拡大または縮小して、すべてのデータを明確に表示します。

    マップに追加された Traffic Collisions レイヤー

    このレイヤーには、過去 10 年にパサデナ市で発生したすべての事故が表示されます。 ポリシー マップでは、データセットが現実を合理的に表しているかどうか判別することが不可欠です。 データにバイアスがかかっていると結果が歪められ、誤った情報による政策が生まれます。

    交通事故の例では、レポートされていない事故がバイアスとなる可能性があります。 このデータはパサデナ市当局から入手したものなので、データは正式なものであり、交通事故の件数を正確に表していることがわかっています。

データのフィルター処理

次に、歩行者と自転車を巻き込む事故のみを表示するように、レイヤーをフィルター処理します。

  1. 検索ウィンドウで、[戻る] ボタンをクリックします。 必要に応じて、[コンテンツ] をクリックして [コンテンツ] ウィンドウを開きます。

    検索ウィンドウの [戻る] ボタン

    [コンテンツ] ウィンドウには Traffic Collisions レイヤーと組織のデフォルト ベースマップが表示されます。 レイヤーをフィルター処理するには、まず属性情報をよく理解する必要があります。 このレイヤーに、事故に歩行者または自転車が巻き込まれたかどうかを説明する属性が存在するかどうかを確認します。

  2. [Traffic Collisions] レイヤーにポインターを合わせて、[テーブルの表示] ボタンをクリックします。

    [コンテンツ] ウィンドウの [テーブルの表示] ボタン

    テーブルが開きます。 ここにはレイヤーの属性 (マップ上のデータに関する追加情報) が含まれます。 各行が 1 つの事故に対応しており、各列は特定のタイプの情報を含むフィールドです。

    ヒント:

    テーブルのサイズを変更するには、テーブルの上部にあるハンドルをドラッグします。

  3. テーブルをスクロールして、[InvolvedWith] フィールドを見つけます。

    テーブル内の [InvolvedWith] 属性フィールド

    このフィールドには、事故に巻き込まれた人の説明があります。 事故に巻き込まれたのが歩行者なのか、自転車なのか、他の自動車なのかに関する情報が含まれています。 このフィールドを使用して、レイヤーをフィルター処理できます。

  4. テーブルを閉じます。
  5. [コンテンツ] ウィンドウで、[Traffic Collisions] レイヤーにポインターを合わせて、[フィルター] ボタンをクリックします。

    [コンテンツ] ウィンドウの [フィルター] ボタン

    [フィルター] ウィンドウが表示されます。 レイヤーをフィルター処理するには、属性情報に基づいて、表示するフィーチャのタイプを示す論理式を作成します。

  6. 最初のドロップダウン ボックスで、[InvolvedWith] を選択します。 2 つ目のドロップダウン ボックスはそのままにします。
  7. 3 つ目のドロップダウン ボックスで [個別値] をクリックしてから [Bicycle] を選択します。

    レイヤーをフィルター処理するための最初の式

    式は [InvolvedWith is Bicycle] と表示されます。 この式は、自転車を巻き込んだ事故のみを表示するように、レイヤーをフィルター処理します。 歩行者を巻き込んだ事故も含めたいので、2 つ目の式を作成します。

  8. [別の式を追加] をクリックします。 [InvolvedWith is Pedestrian] という式を作成します。

    デフォルトでは、両方の式に一致するフィーチャのみが表示されます。 パラメーターを変更して、どちらかの式に一致するフィーチャを表示します。

  9. 上の式で、ドロップダウン ボックスをクリックして [次の式のいずれかに一致するレイヤーのフィーチャを表示] を選択します。

    レイヤーをフィルター処理するための 2 つ目の式

  10. [フィルターの適用] をクリックします。

    マップ上のデータがフィルター処理されます。 自転車または歩行者のいずれかを巻き込んだ事故のみが表示されます。

    データをフィルター処理すると、関心の対象がハイライト表示されます。 必要な場合は、特定の年または期間のデータのみを表示するようにフィルターを作成することもできます。 日付フィルターを使用すると、時間の経過に合わせて事故を比較し、市警察がプラス効果を発揮しているかどうか示すことができます。

パターンの明確化

事故はマップ化されましたが、このデータからどのようなパターンを見出すことができるでしょうか。 特に事故の発生が大きく集まっているような地域はあるでしょうか。 さまざまなマップ スタイルでデータを表示することは、傾向の発見に役立ちます。

データのパターンを発見する方法には、ポイントのクラスタリング、ヒート マップ、ホット スポット解析が含まれます。 これらの方法はすべて、事故が異常な確率で発生している場所を明らかにします。 ここでは、3 つの方法すべてを使用して事故をマップ化し、データから洞察を得ます。

まず、ポイントにクラスタリングを適用します。 クラスタリングとは、相互の距離が特定の範囲内にあるポイントを 1 つのシンボルにグループ化し、多くのポイントが密集している場所を示すことです。

  1. [コンテンツ] ウィンドウで、[Traffic Collisions] レイヤーにポインターを合わせて、[ポイントのクラスタリング] ボタンをクリックします。
    メモ:

    Enterprise ユーザーの場合: [コンテンツ] ウィンドウで、[Traffic Collisions] レイヤーにポインターを合わせ、[その他のオプション] をクリックして [クラスタリング] をクリックします。

    [コンテンツ] ウィンドウの [ポイントのクラスタリング] ボタン

    [ポイントのクラスタリング] ウィンドウが開き、デフォルトのパラメーターを使用してマップ上のシンボルが自動的にクラスター化されます。

    デフォルトのクラスタリング パラメーターを使用してポイントがクラスター化されたマップ

    事故が最も大きくクラスター化されている地域は、市の中心部のようです。 この地域でクラスター化された事故の数はどのくらいでしょうか。

  2. マップ上で、クラスター シンボルの 1 つをクリックします。

    クラスター ポイントのポップアップ

    シンボルのポップアップに、クラスター化された事故数が表示されます。

  3. ポップアップを閉じます。 [ポイントのクラスタリング] ウィンドウで、スライダーをドラッグして、事故数がもっと多いまたは少ないクラスターを表示します。

    少数のクラスタリングだと、大きなクラスターでも 20 件程度の事故を表すだけですが、多数のクラスタリングだと、大きなクラスターが 400 件もの事故を表します。 クラスタリングでは、ポイントが高い密度で存在する場所のパターンを示す傾向がありますが、クラスタリングの度合いによって、こうしたパターンが現れているように見える場所が変わる可能性があります。

    たとえば、あるレベルのクラスタリングでは、パサデナ市の東側に事故数の多いクラスターがあるように見えますが、別のレベルのクラスタリングではそうは見えません。

  4. [ポイントのクラスタリング] ウィンドウで [キャンセル] をクリックします。

    次に、事故のヒート マップを作成します。 ヒート マップもポイントが高密度で存在する場所を示しますが、シンボル サイズではなく色を使用します。

  5. [コンテンツ] ウィンドウで、[Traffic Collisions] レイヤーにポインターを合わせて、[スタイルの変更] ボタンをクリックします。

    [コンテンツ] ウィンドウの [スタイルの変更] ボタン

    [スタイルの変更] ウィンドウが開きます。 データに対してさまざまなスタイルを選択できます。

  6. [ヒート マップ] で、[選択] をクリックします。

    ヒート マップの描画スタイルの選択

    描画スタイルがマップに自動的に適用されます。

    カリフォルニア州パサデナ市の事故のヒート マップ

    クラスター化されたポイントのように、ヒート マップでもパサデナ市の中心部で事故が高密度になっています。 ただしヒート マップでは、フットヒル フリーウェイの南側、ダウンタウンに該当する地域が特に強調されています。

    明るい黄色の地域が政策の重点を置くべき地域のように見えますが、ヒート マップはポリシー マップではありません。 ポリシー マップは立場を明確にするもので、政策の重点を置くべき地域をはっきりと示します。 そのような主張を行うには、まだ情報が十分ではありません。 もっと別のパターン探索方法によって、データに関する新しい情報がもたらされる可能性もあります。

  7. [スタイルの変更] ウィンドウで [キャンセル] をクリックします。

    パターン探索の最後の方法は、ホット スポットによるものです。 ホット スポットとは、空間データにおける統計的に有意なクラスターのことです。 ヒート マップは事故の密度のみを示すものですが、ホット スポット マップは統計解析を使用して、地域間の集中度の高低を相対的に比較します。 ホット スポットを作成するには、データに対して解析ツールを実行する必要があります。

  8. リボンの [解析] をクリックします。

    リボンの [解析] ボタン

    [解析の実行] ウィンドウが表示されます。

  9. [パターンの分析] を展開して、[ホット スポット分析] をクリックします。

    [ホット スポット分析] ツール

    このツールにはいくつかのパラメーターが必要です。 デフォルトのパラメーターを変更して、ホット スポットが六角形のビンの形状で表示されるようにします。

  10. [範囲内のポイントのカウント][六角形グリッド] を選択します。

    [範囲内のポイントのカウント] パラメーター

  11. [結果レイヤーの名前] を「Traffic Collision Hot Spots」に変更します。 レイヤー名が組織サイト内で一意になるように、名前またはイニシャルを付加します。 [現在のマップ範囲を使用] をオフにします。

    [結果レイヤーの名前] パラメーター

  12. [分析の実行] をクリックします。

    ツールの実行が完了するまで、約 1 分かかります。 完了すると、ホット スポット レイヤーがマップに追加されます。

  13. [コンテンツ] ウィンドウで、[Traffic Collisions] をオフにします。

    マップ上のホット スポット レイヤー

    赤い六角形のビンが空間的に有意なクラスタリングの地域を示し、白い六角形のビンは有意でないクラスタリングの地域を示します。 このマップには青い領域は存在しませんが、存在する場合は、統計的にクラスタリングの少ない地域を表します。 このマップは、事故が統計的には市全体で規則的に発生しているものの、ダウンタウン地域では統計的に有意なクラスタリングが存在することを示しています。

    これらの結果はすべて、ダウンタウンで事故の発生率が高いパターンを指し示しています。 これで、データに対する理解が深まりました。

  14. [Traffic Collision Hot Spots] レイヤーをオフにします。 [Traffic Collisions] レイヤーをオンにして、もう一度表示します。

カテゴリでシンボル表示

次に、事故のレイヤーのシンボルを変更して、さまざまなカテゴリの事故を表示します。 特に、負傷のみの事故と死亡事故を区別したいと考えています。 自転車の事故と歩行者の事故も区別したいと考えています。 この情報は調査結果に詳細内容を追加し、テーマに対する政策決定者の意思決定をサポートします。

これら 4 つのシンボル カテゴリを作成するには、Arcade 式を使用します。 Arcade 式は属性情報を使用してシンボル表示を決定します。

  1. [コンテンツ] ウィンドウの [Traffic Collisions] で、[スタイルの変更] ボタンをクリックします。
  2. [表示する属性を選択] で、リストの一番下までスクロールして [新しい式] を選択します。

    [新しい式] オプション

    Arcade 式エディターのウィンドウが開きます。 新しい式のデフォルトの名前は [カスタム] です。

  3. 式の名前の横の [編集] をクリックします。 「Collision Type」と入力して [保存] をクリックします。

    式の最初の部分では、シンボル表示する 4 つのカテゴリを表す変数を作成します。 各変数が、カテゴリに関する情報を含む属性フィールドを参照します。 最初の変数は、歩行者と自転車を巻き込む事故に対応します。

  4. [式] で、5 行目に「var type = 」と入力します。

    タイプ変数の行の前半分

    Arcade では、var は変数を意味します。 type という単語は、ユーザー選択の変数名です。 次に、この変数を定義する属性フィールドを選択します。 データのテーブルを確認したときに学んだように、[InvolvedWith] フィールドには、歩行者と自転車のどちらが事故に巻き込まれたのかに関する情報が含まれます。

  5. フィールドのリストをスクロールして [$feature.InvWith] をクリックします。

    Arcade 式に追加する InvolvedWith フィールド

    このフィールドが式に追加されます。

    完成したタイプ変数の行

    この変数は歩行者と自転車の両方に使用できるので、あと 2 つの変数を作成するだけです。1 つは死者、もう 1 つは負傷者を表すものです。 [NumberKilled] および [NumberInjured] フィールドには、これらの変数に関連する情報が含まれます。

  6. Enter を押します。 1 つは [Fatal]、もう 1 つは [injured] という名前の 2 つの変数を作成します。前者は [NumberKilled] フィールド、後者は [NumberInjured] フィールドに相当します。
    ヒント:

    式を作成するのが難しい場合は、次のテキストをコピーして貼り付けることができます。

    var fatal = $feature.NoKilled
    var injured = $feature.NoInjured

    3 つの完成した変数

    これらの 3 つの変数は、マップ上に描く 4 つのタイプの属性を表しています。 ただし、これらの変数は排他的ではありません。 歩行者または自転車を巻き込む事故により、負傷者または死者が発生する可能性があります。 タイプ、死亡、負傷の変数には 4 つの組み合わせがあります。

    • 歩行者と死者が関係する事故。
    • 歩行者と負傷者が関係する事故。
    • 自転車と死者が関係する事故。
    • 自転車と負傷者が関係する事故。

    これらの組み合わせを示すために、関数を作成します。

  7. Enter キーを 2 回押します。 「When (」と入力します。

    When 関数は、特定の条件と一致して、特定のシンボル カテゴリが使用されるタイミングを示します。 まず、歩行者の死者に対するシンボル カテゴリを作成します。

  8. type == "Pedestrian" && fatal == "1", "Pedestrian Fatality"」と入力します。

    Pedestrian Fatality (歩行者の死者) カテゴリを作成するための関数

    この関数の構文は紛らわしいように見えますが、要約すると、type 変数が Pedestrian と等しく、fatal 変数が 1 と等しい (死者 1 人を意味する) 場合、Pedestrian Fatality という名前のカテゴリが使用されます。

    When 関数にその他のカテゴリに対する行をさらに追加します。

  9. コンマを入力して、Enter キーを押します。 次の行を式に追加します。
    type == "Pedestrian" && injured != "0", "Pedestrian Injury",  
    type == "Bicycle" && injured != "0", "Bicycle Injury",
    type == "Bicycle" && fatal == "1", "Bicycle Fatality",
    null

    最終的な Arcade 式

    メモ:

    injured != "0" という式の一部は、負傷者が 0 以外の任意の数であれば条件を満たすことを示しています。 事故の中には複数の負傷者が発生するものがあるので、この構文が必要です。 ただし、データ内に、自転車または歩行者が巻き込まれた事故で複数の死者が発生したものはないので、fatal == "1" には死者が発生したすべての事故が含まれます。 こうした詳細は、ポリシー マップを作成する前にデータを理解することが重要である理由を示しています。

  10. [OK] をクリックします。

    式を使用して事故がシンボル表示されます。 各カテゴリが異なるシンボルで表されます。

    Arcade 式によってシンボル表示されたマップ

    指定した 4 つのカテゴリに加えて、その他という名前の 5 番目のカテゴリがあります (グレーのシンボル)。 このカテゴリには、作成済みのカテゴリのどの条件も満たさない事故が含まれます。 これらの事故では、負傷者も死者も発生していない可能性があります。

    次に、もっと視覚的に違いが明確なシンボルを作成します。 死亡事故にもっと大きなシンボルを割り当て、歩行者と自転車の事故を色分けします。 その他のシンボルも削除します。これらの事故はおそらく軽微で、政策に影響しないからです。

  11. [スタイルの変更] ウィンドウで、[種類 (個別値シンボル)] の下の [オプション] をクリックします。

    [種類] 描画スタイルのオプション

    ウィンドウが切り替わり、カテゴリとそれぞれのシンボルのリストが表示されます。

  12. [その他] をオフにします。
  13. 3 つのドットを各シンボルの左側にドラッグして、それぞれを次の順序に並べ替えます。
    • Pedestrian Fatality
    • Pedestrian Injury
    • Bicycle Fatality
    • Bicycle Injury

    並べ替えられたシンボルのリスト

  14. [Pedestrian Fatality] シンボルをクリックします。

    ウィンドウが開いてシンボル オプションが表示されます。 シンボルを赤色にしてサイズを大きくします。

  15. [塗りつぶし] タブで、16 進数の値を [#FF4040] に変更します。

    Pedestrian Fatality シンボルの 16 進数の値

  16. [形状] タブをクリックして [シンボル サイズ] を「15 px」に変更します。

    Pedestrian Fatality シンボルのシンボル サイズ

  17. [OK] をクリックします。
  18. 残りのシンボルを次のパラメーターで変更します。
    • Pedestrian Injury: #FF4040 および 3 px
    • Bicycle Fatality: #FFAA00 および 15 px
    • Bicycle Injury: #FFAA00 および 3 px

    最終的なシンボルのリスト

    死者には大きなシンボルが付けられ、負傷事故と死亡事故の重大度の違いが示されます。

  19. [スタイルの変更] ウィンドウの [OK] をクリックします。 次に、[完了] をクリックします。

    最後に、シンボルがさらに目立つようにベースマップを変更します。

  20. リボンの [ベースマップ] ボタンをクリックし、[キャンバス (ダーク グレー)] を選択します。

    [キャンバス (ダーク グレー)] ベースマップ オプション

    ベースマップが自動的に切り替わります。

    シンボル表示されたマップ

    これで、ポイントとベースマップの色が競合しなくなったので、事故が目立つようになりました。 自転車と歩行者の事故にも明確な違いがあります。

スクール エリアの追加

政策決定となると、ホット スポットとヒート マップは大したコンテキストを提供せず、データに関して明確な主張を行いません。 ここでのテーマは単なる事故ではなく、学校近辺の事故についてなので、Pasadena Unified School District (PUSD) の学校のレイヤーをマップに追加します。 次に、各校から半マイルの徒歩距離にあるエリアを見つけます。

  1. リボンの [追加] をクリックし、[レイヤーの検索] を選択します。 ArcGIS Online で、検索ウィンドウがレイヤーの検索に設定されていることを確認します。
  2. 検索ボックスに「PUSD Schools owner:Learn_ArcGIS」と入力し、Enter キーを押します。 結果のリストで、[PUSD Schools] に対して [追加] ボタンをクリックします。

    学校のレイヤーがマップに追加されます。 デフォルトでは、学校には赤色のポイント シンボルが付いており、事故のポイントとの区別がつきにくい状態です。 学校がさらに目立つようにシンボルを変更します。

  3. [戻る] ボタンをクリックします。 [コンテンツ] ウィンドウで [PUSD Schools] にポインターを合わせて、[スタイルの変更] ボタンをクリックします。
  4. [場所 (単一シンボル)] で、[オプション] をクリックします。
  5. [シンボル] をクリックします。

    単一シンボル描画スタイルのシンボルのオプション

    シンボル オプションのウィンドウが開きます。

  6. [形状] タブで、[シェープ] ドロップダウン メニューをクリックして [ベーシック] を選択します。 シンボルのリストの上部で、四角のシンボルをクリックします。

    [ベーシック] シンボル カテゴリの四角のシンボル

    四角形なので、事故の円形と区別しやすくなります。 色も白色に変更して、暗色のベースマップに対して目立ちやすくします。

  7. [塗りつぶし] タブをクリックして、白色 (#FFFFFF) をクリックします。

    四角のシンボルを白色に

  8. [アウトライン] タブをクリックして、同じ白色をクリックします。 [OK] をクリックします。

    シンボルがマップに適用されます。

    学校がシンボル表示されたマップ

    これで学校が目立つようになり、事故と見分けがつくようになりました。 次は、各校周辺に徒歩時間エリアを作成します。 後で、各校近隣の衝突数を計算できるようになります。

  9. [スタイルの変更] ウィンドウで、[OK] をクリックしてから [完了] をクリックします。
  10. リボンの [解析] ボタンをクリックします。 [近接エリアの分析] グループを展開して、[到達圏レイヤーの作成] ツールをクリックします。

    [到達圏レイヤーの作成] ツール

    このツールは、道路網データを使用して、特定の運転距離/時間または徒歩距離/時間内で到達可能なエリアを作成します。 学校から半マイルの徒歩距離のエリアを作成すると、多数の生徒の歩行者が発生する可能性がある場所が示されます。

  11. [到達圏を計算するポイント レイヤーを選択] で、[PUSD Schools] が選択されていることを確認します。 [測定][徒歩距離] を選択し、距離を「.5 マイル」に変更します。

    [到達圏レイヤーの作成] ツールの [測定] パラメーター

    スクール エリアが重なる場合は、それらを明確に異なるフィーチャとして維持する必要があります。 そうすれば、各エリアの事故数を計算できるようになります。

  12. [複数エリアの重なり] で、[オーバーラップ] が選択されていることを確認します。 [結果レイヤーの名前] に「Half-Mile Walking Distances from Schools」と入力して、自分の名前またはイニシャルを付加します。

    [到達圏レイヤーの作成] ツールの [結果レイヤーの名前] パラメーター

  13. [現在のマップ表示範囲を使用] をオフにして [分析の実行] をクリックします。

    ツールの実行には、約 1 分かかります。 完了すると、徒歩時間エリアがマップに追加されます。 大部分は学校を中心とする周辺です。 レイヤーを並べ替えて、徒歩時間エリアが学校および事故レイヤーの下に表示されるようにします。

  14. [コンテンツ] ウィンドウで、[Half-Mile Walking Distances from Schools] レイヤーにポインターを合わせて、3 つのドットを [Traffic Collisions] レイヤーの下のレイヤー名の左側にドラッグします。

    [コンテンツ] ウィンドウでレイヤーを並べ替える

    レイヤーのシンボルも変更して、これらのエリアをもっと透過的に表示し、学校と一致する白色にします。

  15. [Half-Mile Walking Distances from Schools] レイヤーで、[スタイルの変更] をクリックします。 [場所 (単一シンボル)] で、[オプション] をクリックします。
  16. [透過表示] で、スライダーを 75% 程度までドラッグします。

    Walk-distance レイヤーの [透過表示] スライダー

  17. [シンボル] をクリックします。 [塗りつぶし] タブで白色 (#FFFFFF) をクリックし、[アウトライン] タブで [色なし] をクリックします。

    [アウトライン] の [色なし] オプション

  18. [OK] をクリックします。 [スタイルの変更] ウィンドウで、[OK] をクリックしてから [完了] をクリックします。

    新しいシンボルがマップに適用されます。

    マップ上の学校からの徒歩距離

    一部のスクール エリアでは歩行者または自転車の事故が発生していませんが、その他のエリアではかなりの件数になっています。 同時に、事故の密度が大きいエリアはどのスクール エリア内にも入っていません。 ヒート マップを超える情報を追加することで、政策決定者に重要なコンテキストが提供されます。

最も危険なスクール エリアの検出

ここで解析を停止して、このマップを根拠にしてすべてのスクール ゾーンを包含する政策を実施することもできます。 こうしたエリアの道路標識を変え、自転車レーンを増やすことで、学校付近の事故は減少する可能性があります。

しかし、すべての場所で新しい政策を実施するには市の資金が足りない場合があります。 パサデナ市の多くのスクール ゾーンではほとんど事故が発生していないので、これらのエリアにおける政策効果はほとんどないと考えられます。 代わりに、政策決定者は、政策努力を最も必要とするエリアに重点を置く必要があります。

各スクール ゾーン内の事故数を計算し、レイヤーをフィルター処理して最も危険な 5 つのゾーンのみを表示します。 これで政策決定者は、すでに比較的安全なゾーンよりもこれらのゾーンを優先させることができます。

  1. リボンの [解析] ボタンをクリックします。 [データの集約] グループを展開して、[エリア内での集計] ツールをクリックします。

    [エリア内での集計] ツール

    このツールは、ポリゴン フィーチャ内のポイント フィーチャの数を集計します。

  2. [ポリゴン レイヤーを選択][Half_Mile_Walking_Distances_from_Schools] を選択します。 [集計するレイヤーを選択][Traffic Collisions] を選択します。

    ポリゴン レイヤーと集計するレイヤーを選択する

    ここで知りたいのは各ポリゴン内のポイント数のみなので、その他の統計や属性フィールドによるグループを追加する必要はありません。

  3. [結果レイヤーの名前] に「Five Most Dangerous School Zones」と入力して、自分の名前またはイニシャルを付加します。
  4. [現在のマップ表示範囲を使用] をオフにして [分析の実行] をクリックします。

    ツールが実行され、レイヤーがマップに追加されます。 各スクール ゾーンの事故数に関する情報は、レイヤーのテーブル内にあります。

  5. [コンテンツ] ウィンドウの [Five Most Dangerous School Zones] で、[テーブルの表示] をクリックします。
  6. 最初の列名の [Count of Points] をクリックして、[降順で並べ替え] を選択します。

    [Count of Points] フィールドの値の大きい順 (降順) に並べ替える

    テーブルが並べ替えられ、事故数の多いスクール ゾーンが最初に表示されます。 最初の 5 つのスクール ゾーンの事故件数の合計はそれぞれ 110、110、105、63、62 です。

    6 番目のスクール ゾーンの事故数は 60 で、5 番目に大きい事故数とほとんど同じです。 この情報の限りでは、6 番目のスクール ゾーンに政策を拡大することも検討の余地があります。 あるいは、市の財源によっては、政策の重点を最も危険な 3 つのスクール ゾーンのみに置くように制限することも考えられます。これらの事故数は 4 番目を大きく引き離しているからです。

    このシナリオでは、引き続き 5 つの最も危険なスクール ゾーンに重点を置きます。 レイヤーをフィルター処理して、3 つのゾーンのみを表示します。

  7. テーブルを閉じます。 [コンテンツ] ウィンドウの [Five Most Dangerous School Zones] レイヤーで、[フィルター] ボタンをクリックします。
  8. [フィルター] ウィンドウで、「Count of Points is at least 62」という式を作成します。

    危険なスクール ゾーンに対するフィルター式

    この式によりレイヤーがフィルター処理され、事故数が 62 件以上のスクール ゾーンのみが表示されます。 5 番目に危険なスクール ゾーンの事故数は 62 件なので、上位 5 つのみが表示されることになります。

  9. [フィルターの適用] をクリックします。

    5 つの最も危険なスクール ゾーン

    5 つの最も危険なスクール ゾーンはすべて、互いに比較的近い場所にあります。 最も危険なゾーンのうち 2 つは全体がほとんど重なり合っています。つまり、市は多くの同じ政策決定によってこの 2 つの学校の安全を向上できるということです。

    危険なスクール ゾーンのレイヤーのデフォルトの描画スタイルには、ゾーン内の事故数に比例するサイズのポイントが含まれています。 このシンボルは他のポイント データの邪魔になるので、描画スタイルを変更します。

  10. [Five Most Dangerous School Zones] レイヤーで [スタイルの変更] をクリックします。 [表示する属性を選択][場所のみ表示] を選択します。

    描画スタイルが変更されます。 危険なスクール ゾーンが単一の塗りつぶし色で表示されるようになります。 塗りつぶし色を削除し、アウトラインを変更します。

  11. [場所 (単一シンボル)] で、[オプション] をクリックします。
  12. [シンボル] をクリックします。 塗りつぶし色を [色なし] に変更し、アウトラインの色を白色 (#FFFFFF) の透過表示 0 パーセントに変更します。
  13. [OK] をクリックします。 [スタイルの変更] ウィンドウで、[OK] をクリックしてから [完了] をクリックします。

    シンボル表示更新後の危険なスクール ゾーン

マップの内容の整理

最後に、いくつかのレイヤーの名前を変更して自分の名前またはイニシャルを削除するか、明確さを付加します。 不要なレイヤーの削除も行います。 次に、マップを保存します。

  1. [コンテンツ] ウィンドウで [Five Most Dangerous School Zones] レイヤーにポインターを合わせます。 [その他のオプション] ボタンをクリックして [名前の変更] を選択します。

    [その他のオプション] メニューの [名前の変更] オプション

  2. レイヤー名から自分の名前またはイニシャルを削除します。 さらに、単語間のアンダースコアも削除します。 [OK] をクリックします。
  3. [Half Mile Walking Distances from Schools] レイヤーの名前を同じ方法で変更します。

    [PUSD Schools] レイヤーの名前も変更します。 ユーザーが頭字語に詳しくない可能性があり、学区 (school district) は学校の地理的場所よりも重要性が低いと考えられます。

  4. [PUSD Schools] を「Schools」に名前変更します。

    ポリシー マップではホット スポットのレイヤーを使用しませんでした。 したがって、このレイヤーを削除します (使用する場合は、アカウントのコンテンツ内に存在しています)。

  5. [コンテンツ] ウィンドウで [Traffic Collision Hot Spots] レイヤーにポインターを合わせます。 [その他のオプション] ボタンをクリックして [削除] を選択します。

    [削除] ウィンドウが表示されます。 このレイヤーを削除するかどうか確認するように求められます。

  6. [はい、レイヤーを削除します] をクリックします。
  7. リボンの [保存] をクリックし、[名前を付けて保存] を選択します。

    [名前を付けて保存] オプション

  8. [マップの保存] ウィンドウで、パラメーターに次のように入力します。
    • [タイトル] には「Pasadena Traffic Collisions」と入力します。
    • [タグ] には、「Traffic」、「Collisions」、「Pedestrians」、「Bicycles」、「Schools」、「Pasadena」、「California」と入力します。 Enter キーを押します。
    • [サマリー] には「This map displays traffic collisions in Pasadena, California.」と入力します。
  9. [マップの保存] をクリックします。

これで、政策の介入によるメリットが予想される 5 つのスクール ゾーンをハイライト表示したマップが作成できました。 このマップは、データ ポイントの位置を示すだけでなく、支援が最も必要なエリアに対する見解を示しています。


ストーリーで結果を共有

これまでは、パサデナ市で歩行者と自転車の事故が最も多い 5 つのスクール ゾーンを示すポリシー マップを作成しました。 次に、ArcGIS StoryMaps でストーリーを作成して結果を共有します。

ArcGIS StoryMaps を使用すると、マップを、説明文、画像、およびマルチメディア コンテンツと組み合わせたストーリーを作成することができます。 その名前が示唆するように、位置ベースのストーリーを伝えることができます。 ポリシー マップでは、アクションの必要な地域に関する見解を示してハイライト表示しますが、ArcGIS StoryMaps には、データの提示に役立つ便利な機能があります。

ポップアップの構成

マップをストーリーとして共有する前に、マップのポップアップを構成します。 ポップアップは、マップ上でフィーチャをクリックすると表示されます。 ここには情報が含まれ、ユーザーがデータを理解する手助けとなります。 マップを共有するときには、ポップアップを適切に構成することが重要です。

  1. 必要に応じて、「Pasadena Traffic Collisions」マップを開きます。

    4 つのレイヤーが存在しています。 このうち、Traffic Collisions レイヤーと Half Mile Walking Distances from Schools レイヤーには実際にはポップアップが必要ありません。すべての関連情報がレイヤー名とシンボル表示で伝達されているからです。

  2. [コンテンツ] ウィンドウで [Traffic Collisions] レイヤーにポインターを合わせます。 [その他のオプション] ボタンをクリックして [ポップアップの削除] を選択します。

    [ポップアップの削除] オプション

  3. Half Mile Walking Distances from Schools レイヤーのポップアップを削除します。

    ポップアップを使用する残りのレイヤーは、Schools レイヤーと Five Most Dangerous School Zones レイヤーです。 これらのレイヤーの変更方法を決定する前に、これらのデフォルト ポップアップがどのようなものか確認します。

  4. マップ上で、任意の学校のフィーチャをクリックします。

    学校のポップアップ

    このポップアップはすでに多くの適切な情報を提供しています。 [OBJECTID] フィールドは削除する必要があり、[NAME] フィールドは不要です。フィールド名がすべてが大文字なので、これを変更する必要はありますが、それ以外に多くの変更は必要はありません。

  5. 5 つの最も危険なスクール ゾーンのいずれかをクリックします。

    危険なスクール ゾーンのポップアップ

    このポップアップは、ユーザーの役には立たない多くの情報を提供しています。 この中で必要な情報は、学校名とポイント数のみです。 それ以外の情報はすべて削除します。

    最初に、学校のポップアップを構成します。

  6. ポップアップを閉じます。 [コンテンツ] ウィンドウで [Schools] に対して、[その他のオプション] をクリックして [ポップアップの構成] を選択します。

    [ポップアップの構成] ウィンドウが開きます。 ポップアップに表示される属性のみを構成する必要があります。

  7. [ポップアップ コンテンツ] で、[属性フィールドの構成] をクリックします。

    [ポップアップ コンテンツ] の [属性フィールドの構成] オプション

    [属性の構成] ウィンドウが表示されます。

  8. [表示] で、[OBJECTID] および [NAME] フィールドをオフにします。

    [OBJECTID] および [NAME] フィールドをオフにする

  9. [フィールドのエイリアス] で、[ADDRESS] をクリックしてこれを「Address」に変更します。 残りのフィールド エイリアスも同じ方法で変更します ([SCHOOLTYPE] フィールドの SCHOOL と TYPE の間にスペースも追加します)。

    フォーマットされたフィールド エイリアス

  10. [OK] をクリックします。 [ポップアップの構成] ウィンドウで、[OK] をクリックします。 マップ上で学校フィーチャをクリックして、ポップアップが構成されていることを確認します。

    構成済みの学校のポップアップ

  11. ポップアップを閉じます。 [Five Most Dangerous School Zones] レイヤーの [ポップアップの構成] ウィンドウを開きます。

    このポップアップでは、学校名を含むようにタイトルを変更し、事故数のみを含むカスタムの属性表示を作成します。

  12. [ポップアップ タイトル] で、既存のテキストを削除します。 [フィールド名または式の追加] ボタンをクリックして、[FACILITY: NAME {NAME_1}] を選択します。

    ポップアップ タイトルのフィールド名の追加

  13. [{Name_1}] フィールド名の後にスペースを入力し、「School Zone」と入力します。

    最終的なタイトル

  14. [ポップアップのコンテンツ][表示][属性表示のカスタム設定] に設定します。

    [属性表示のカスタム設定] オプション

    [属性表示のカスタム設定] では、任意のテキストを書き込み、必要に応じて該当するフィールドを追加するオプションが提供されます。

  15. [構成] をクリックします。 [属性表示のカスタマイズ] ウィンドウに次のテキストをコピーして貼り付けます。

    Since 2008, {Point_Count} accidents involving either pedestrians or cyclists have occurred in this school zone.

  16. 文章をハイライト表示し、[すべての書式設定を消去] をクリックします。

    テキストの書式設定を消去

  17. {Point_Count} をハイライト表示して、[太字] ボタンをクリックします。

    ポイント数の [太字] ボタン

  18. [OK] をクリックします。 [ポップアップの構成] ウィンドウで、[OK] をクリックします。 マップ上で、5 つの最も危険なスクール ゾーンのいずれかをクリックします。

    危険なスクール ゾーンの構成済みのポップアップ

  19. ポップアップを閉じて、マップを保存します。

マップの共有

ストーリーを構築する前に、マップを共有して公開する必要があります。

  1. [情報] ボタンをクリックし、[詳細] をクリックします。

    マップの情報

    詳細ページで、ユーザーはマップの管理とメタデータの追加を行えます。

  2. [共有] をクリックします。

    共有

  3. [すべての人に公開 (パブリック)] を選択して、[保存] をクリックします。
  4. [Web アプリの作成] をクリックし、[StoryMaps] を選択します。

    StoryMaps Web アプリの作成

    プレースホルダー テキストとともに、マップが自動的に ArcGIS StoryMaps に読み込まれます。

テキストとグラフィックスの追加

次に、ストーリー マップのレイアウト、プレゼンテーション、その他の設定を構成します。 タイトルおよびサブタイトルを設定したら、タイトルのスライドのテーマとレイアウトを、ストーリーに最適なものに変更することもできます。

  1. [ストーリーのタイトル] を「Safe Streets to Schools」に変更します。 サブタイトルには「Five Most Dangerous School Zones」と入力します。

    ストーリー マップのタイトル

  2. 次の URL から画像をダウンロードします。

    https://downloads.esri.com/LearnArcGIS/policy-mapping-safe-streets-to-schools/safe-streets-to-schools.png

  3. [カバー画像またはビデオの追加] をクリックします。

    カバー画像の追加

  4. [ファイルの参照] をクリックし、ダウンロードした画像を参照して [開く] をクリックします。 [追加] をクリックします。

    この画像によって、ストーリー マップの感情的訴求力が高まります。

  5. タイトルとマップの間のエリアにポインターを合わせます。 [コンテンツ ブロックの追加] ボタンをクリックします。

    [コンテンツ ブロックの追加] ボタン

  6. [基本][テキスト] を選択します。

    テキストのコンテンツ ブロックの追加

  7. 次のテキストをコピーして貼り付けます。

    This map highlights the five most dangerous school zones in Pasadena, California.(このマップはカリフォルニア州パサデナ市で最も危険な 5 つのスクール ゾーンをハイライト表示しています。) A third of all pedestrian and bicycle accidents in the city occurred within these five zones.(市内全体の歩行者および自転車事故の 3 分の 1 はこの 5 つのゾーン内で発生しています。) The city will evaluate signage, add bicycle lanes and crosswalks, and reduce the speed limit in high risk school zones.(市は、危険度の高いスクール ゾーンにおける標識を評価し、自転車レーンおよび横断歩道を増やし、制限速度を下げる予定です。)

    Sixty-three percent of all pedestrian and bicycle traffic collisions in Pasadena occurred within half a mile of schools.(パサデナ市全体の歩行者および自転車事故の 63% は、学校から半マイルの範囲内で発生しています。)

    Without any intervention, this problem will continue unabated.(政策介入を行わなければ、この問題は解消しないまま続きます。) With the proposed changes, the city hopes to eliminate collisions in school zones and reduce overall incidents in the city by 25 percent in the first year.(市では、提案された変更によってスクール ゾーンでの衝突事故を軽減し、初年度に市内全体の事故数を 25% 軽減できると考えています。)

    次に、重要なファクトを含む 2 つ目のパラグラフを強調します。

  8. 2 つ目のパラグラフをハイライト表示します。 [段落] をクリックして [大段落] を選択します。

    大段落

    テキストをマップとつなげてマップの読みやすさを向上するために、pedestrian (歩行者) と bicycle (自転車) という単語のフォント色を変更して、マップ上でこれらのタイプの事故が表示されている色と一致させます。

  9. 最初のパラグラフの 2 番目の文で、「pedestrian」という単語をハイライト表示します。 [太字] をクリックします。

    テキストを太字にする

  10. [色] ボタンをクリックして「#FF4040」と入力します。 Enter を押します。

    テキストの色を変更する

  11. 最初のパラグラフの 2 番目の文で、「bicycle」という単語をハイライト表示します。 [太字] をクリックし、色を「#FFAA00」に変更します。

    更新されたテキストの色

    マップは、ストーリー マップにすでに埋め込まれています。 しかし、最適な縮尺にズームされていない可能性があります。

  12. マップを下にスクロールし、マップ上部にポインターを合わせます。 表示されたツールバーの [編集] ボタンをクリックします。

    Web マップの表示設定の調整

    [Web マップの表示設定の調整] ウィンドウが表示されます。

  13. どちらかのマップで拡大すると、データの詳細が表示されます。 マップをクリックし、衝突事故が最多のエリアが中心になるようドラッグします。 完了したら [マップの配置] をクリックします。

    マップの配置

ストーリーの設計

次に、レイアウトを変更します。

  1. ツールバーで、[設計] をクリックします。

    設計

  2. [デザイン] ウィンドウで、[カバー] の下の [並べて表示] ボタンをクリックします。

    カバーを並べて表示するデザイン

  3. [デザイン] ウィンドウを下にスクロールし、[テーマ][Obsidian] を選択します。

    Obsidian テーマ

  4. ロゴを追加するには、次の URL で画像を参照してダウンロードします。

    :https://downloads.esri.com/LearnArcGIS/policy-mapping-safe-streets-to-schools/pasadena-logo.png

  5. [デザイン] ウィンドウの [カスタマイズ] で、[ロゴのアップロード] をクリックします。

    ロゴのアップロード

    ロゴの画像を参照して [開く] をクリックします。

  6. 続けて [デザイン] ウィンドウを下にスクロールします。 [ロゴのリンク] に次の URL を貼り付けます。

    https://www.cityofpasadena.net/

  7. ウィンドウの外の任意の場所をクリックして、[デザイン] ウィンドウを閉じます。

ストーリーの共有

次に、他のユーザーがアクセスできるようにマップを公開して共有します。

  1. ヘッダーで、[公開] をクリックします。

    ストーリーの公開

  2. 共有レベルを [すべての人 (パブリック)] に設定して、[ストーリーの公開] ボタンをクリックします。

    共有の設定

    完成したストーリーが表示されます。

    完成したストーリー マップ

    上部のリボンのソーシャル メディアのボタンを使用して、ストーリーを共有できます。 [ストーリーの URL をコピーします] ボタンを使用すると、 電子メールやメッセージにコピーして貼り付けることができる短縮 URL が表示されます。

    ストーリーの URL をコピーします

このレッスンでは、ArcGIS StoryMaps でポリシー マップを作成し、それをストーリーとして共有しました。 データを追加、検索、解析、シンボル表示することで、政策介入が必要な特定の地域をハイライト表示しました。 調査内容を明確に伝達し、成果を見栄えのいい形で共有する方法を学習しました。

ポリシー マッピングは、GIS を使用することで、周囲にある問題を検出し、地理的見地からその問題を理解し、データを調べ、関与する問題への理解をパーソナライズし、可能な介入ポイントを表示し、状況改善の進行を追跡することを目的としています。 このレッスンで学んだ実践内容を身につけて、自分が作成するポリシー マップに適用することができます。 まず、テーマを定義することから始めます。 次に、テーマに関連する正式な空間データを見つけます。 さらにコンテキストとなるデータを追加し、パターンを解析します。 交通事故から人口分布まで、同様の手法を適用できます。

その他のレッスンについては、「Learn ArcGIS Lesson ギャラリー」をご参照ください。