Skip To Content

マップの作成

このレッスンでは、前回のレッスンで操作したマップを再作成します。新規マップの作成から始めて、必要なレイヤーを追加します。

新規マップの作成は、ベースマップから始まります。ArcGIS の組織で、管理者はデフォルトのベースマップを選択し、表示範囲を設定します。このレッスンでは、デフォルト ベースマップが [地形図] ベースマップであること、およびベースマップのデフォルト範囲が世界であることを前提としています。設定が異なっている場合は、最初のセクションで必要に応じて変更を行います。

新しいマップの作成

  1. 指定ユーザー アカウントを使用して、ArcGIS Enterprise にサイン インします。
  2. 組織サイトのホーム ページ上部にある [マップ] をクリックします。
    ヒント:

    新規セッションで [マップ] をクリックすると、新規マップが開きます。新規セッションでない場合、既存のマップ (最後に使用していたマップ) が開きます。既存のマップが開いている場合、[新規マップ] をクリックして、[マップの新規作成] を選択します。

    世界を範囲とする新規マップが開きます。

    世界のマップ

  3. リボンの [住所または場所の検索] ボックスに「Island of Hawaii」と入力します。表示された位置の候補リストから、[Island of Hawaii, United States] を選択します。

    検索ボックス

    マップでハワイ島が拡大表示されます。

    ハワイ島

  4. [検索結果] ポップアップを閉じます。
  5. 島内を拡大表示します。必要に応じて、マップを移動 (ドラッグ) してビューの中央にハワイ島が配置されるようにします。

    マップ ビューの中央にハワイ島が配置

    マップを保存する場合、保存時点のマップ範囲が [デフォルトの表示範囲] ボタンで使用される表示範囲になります。特定のマップ上の場所にナビゲートするために、空間ブックマークを追加するのも便利です。

  6. リボン上で [ブックマーク] ボタンをクリックします。[ブックマークした場所] リストで、[ブックマークの追加] をクリックします。
  7. Island of Hawaii」と入力し、Enter キーを押します。

    [ハワイ島] ブックマーク

  8. [ブックマークした場所] リストを閉じます。
  9. [詳細] ウィンドウの上部にある [コンテンツ] ボタンをクリックします。

    コンテンツ ウィンドウ

  10. 必要な場合は、リボンの [ベースマップ] ボタンをクリックして、[地形図] を選択します。

マップへのレイヤーの追加

ベースマップにレイヤーを追加する準備が整いました。

  1. リボンの [追加] ボタンをクリックし、[レイヤーの検索] を選択します。

    [レイヤーの検索] オプション

    [レイヤーの検索] ウィンドウに、デフォルトの検索結果のリストが表示されます。組織に共有されているレイヤーの中で、マップ ビューと共通の地理を持ったレイヤーが表示されています。

  2. 必要に応じて、[検索先:] の横にある矢印をクリックして、[ArcGIS Online] を選択します。
  3. [検索] ボックスに「Hawaii」と入力します。Learn ArcGIS の管理者アカウントが所有するレイヤーに検索結果を絞り込むために、[検索] ボックスに「owner:Learn_ArcGIS」を追加して [検索] をクリックします。

    [レイヤーの検索] でハワイを検索

    検索結果が関連性の高いリストに絞られます。

  4. 結果のリストから、所有者が Learn_ArcGIS の HawaiiTerrain を見つけます。[追加] をクリックし、マップにレイヤーを追加します。

    検索結果

    注意:

    組織で利用可能なレイヤーは変化します。このため、検索結果が、表示されている内容と異なる場合があります。

  5. 同様に、検索結果から以下のレイヤーをマップに追加します (どのレイヤーも Learn_ArcGIS が所有者)。

    • Volcanoes
    • Hawaii Lava Flow Hazard Zones
    • Hawaii Island Major Highways

  6. [レイヤーの検索] ウィンドウの下部にある [レイヤーの追加を完了] をクリックします。

    レイヤーが描画されたマップ

    レイヤーは、マップに読み込まれた順に、デフォルトのシンボルで描画されます (通常はユーザーがレイヤーを追加した順番と同じになりますが、そうならない場合もあります)。火山は、溶岩流の危険区域の下にあるため、マップ上に表示されません。

レイヤー プロパティの設定

このセクションでは、レイヤーのプロパティを変更します。レイヤーを短い名前に変更し、レイヤー リスト内での位置を変更し、ラベルを追加して透過度を調整します。レイヤー プロパティは、常に同様の方法でアクセスできます。レイヤー名にポインターを合わせて適切なボタンをクリックするか、[その他のオプション] ボタンをクリックして変更するプロパティを選択します。

  1. [コンテンツ] ウィンドウの [Hawaii Island Major Highways] レイヤーにポインターを合わせます。[その他のオプション] ボタンをクリックして [名前の変更] を選択します。

    高速道路レイヤーの名前の変更

  2. [名前の変更] ウィンドウで、レイヤー名を「Highways」に変更し、[OK] をクリックします。

    [名前の変更] ウィンドウ

  3. 同様に、[Hawaii Lava Flow Hazard Zones] レイヤーの名前を「Lava Flow Hazard Zones」に変更します。
  4. [HawaiiTerrain] レイヤーの名前を「Terrain」に変更します。
  5. [コンテンツ] ウィンドウの [Volcanoes] レイヤーをポイントします。[その他のオプション] ボタンをクリックして [上に移動] を選択します。

    Volcanoes レイヤーを上に移動

    レイヤーが 1 つ上の位置に移動し、Lava Flow Hazard Zones レイヤーの上に表示されます。これで、火山がマップ上に表示されるようになりました。

  6. 再び [Volcanoes] レイヤーを上に移動します。

    これで、Volcanoes レイヤーがリストの一番上に表示されるようになります。通常の演習では、ラインの上にポイント (火山など) を配置し、ポリゴンの上にライン (高速道路など) を配置します。ポイント、ライン、およびポリゴンはすべてフィーチャ レイヤーです。通常、フィーチャ レイヤーは、正確な位置および境界線を持った不連続の地理オブジェクトを表します。

    テレイン レイヤーは地形図ベースマップと同様、タイル レイヤーです。タイル レイヤーは画像であり、フィーチャ レイヤーと同様に操作することはできません。これらのレイヤーは、一般的に不連続オブジェクトではなく、大きな連続サーフェスを表します。マップで、タイル レイヤーをフィーチャ レイヤーの上に移動することはできません。

  7. [コンテンツ] ウィンドウの [Volcanoes] レイヤーをポイントします。[その他のオプション] ボタンをクリックして [ラベルの作成] を選択します。

    各火山には、火山名のラベルが付いています。

  8. [ラベル フィーチャ] ウィンドウで、ラベルのサイズを 13 から 14 に変更し、[OK] をクリックします。

    [ラベル フィーチャ] ウィンドウ

  9. [Lava Flow Hazard Zones] レイヤーのプロパティを開き、[透過表示] を選択します。レイヤーの透明度を約 40% に設定します。この値はお好みで変更しても構いません。
  10. 同様に、[Highways] レイヤーの透明度を約 50% に設定します。

    レイヤー プロパティ設定を行ったマップ

    これで、緊急避難所を除き、前回のレッスンで操作したマップの外観を再作成しました。

マップの凡例の定義

新規マップの作成を始めたり、ユーザー自身が保存したマップを開いたりすると、[コンテンツ] ウィンドウが表示された状態でマップが開きます。ただし、他のユーザーがマップを開くと、[凡例] ウィンドウが表示された状態でマップが開きます。このため、凡例の表示方法を検討する必要があります。

  1. [コンテンツ] ウィンドウの上部にある [凡例] ボタンをクリックします。

    ベースマップ以外のすべてのレイヤーに対して、凡例エントリが作成されます。Terrain レイヤーのエントリ (グレースケールの値を表示) は、マップの解釈に役立ちません。

  2. [凡例] ウィンドウの上部にある [コンテンツ] ボタンをクリックします。
  3. [Terrain] レイヤーのプロパティを開き、[凡例を非表示にする] を選択します。
  4. 再び凡例を表示し、変更されていることを確認してから、[コンテンツ] ウィンドウに戻ります。

シンボルの変更

レイヤーを追加した際に、火山には黄色のひし形、被災地域には赤色とオレンジ色の陰影といったシンボルがすでに設定されていたため、少ない作業量でマップの外観を再作成することができました。スタイルやポップアップ構成を含むレイヤーのデフォルトの表示設定は、レイヤーの所有者によって作成されます。ただし、ユーザー自身のマップにレイヤーを追加したら、その設定を自由に変更することができます。

  1. [コンテンツ] ウィンドウで [Highways] レイヤーにポインターを合わせて [スタイルの変更] ボタンをクリックします。

    [スタイルの変更] ボタン

    [スタイルの変更] ウィンドウでは、チェックマークで示されているように、現在選択されているスタイルは [場所 (単一シンボル)] になっています。

    [スタイルの変更] ウィンドウ

    このスタイルでは、レイヤー内のすべてのフィーチャが同じシンボルで描画されます。マップ上にフィーチャを表示するが、名前や速度制限など、フィーチャの詳しい特性には関心がない場合、[場所] スタイルが適しています。

  2. 描画スタイルで、[場所 (単一シンボル)] の下にある [オプション] をクリックします。
  3. [場所のみを表示] の下の [シンボル] をクリックしてシンボルを変更します。
  4. 色パレットで、適切であると思われる色を選択して [OK] をクリックします。

    色パレット

    新しい色がマップに適用されます (好みに合わない場合は、もう一度 [シンボル] をクリックして色パレットを開き、別の色を選択します)。

  5. [スタイルの変更] ウィンドウの下部にある [OK] をクリックしてから [完了] をクリックします。
    注意:

    このレッスンで行った作業を保存していないことにご注意ください。引き続き次のレッスンを行う場合は、マップを必ず開いたままにしておいてください。それ以外の場合、作業内容を適切な情報で保存するには、「マップの保存」をご覧ください。

このレッスンでは、複数のレイヤーをマップに追加し、プロパティを変更しました。これで、最初のレッスンで操作したマップの外観の再作成がほぼ完了しました。次のレッスンでは、CSV ファイルから緊急避難所のレイヤーを追加します。