Skip To Content

データの調査

モンゴメリー郡での許可活動の傾向をよく理解するために、Insights for ArcGIS に新しいワークブックを作成して、2010 年以降に発行された認可のデータセットを追加します。ただし、解析を始める前に、データを探索して、表示するものと表示しないものを理解しておくことが重要です。データの属性を理解し、タイプ別にデータを並べ替え、空間的および時間的傾向を視覚化します。その課程で、解析のコンテキストを取得し、発展が生じた理由、その場所と時期を見つけるために必要な質問を明確に理解します。

新しいワークブックの開始

最初に、Insights for ArcGIS にサイン インして、新しいワークブックを開始します。モンゴメリー郡の商業建築許可データをダウンロードし、解析のためにワークブックに追加します。ArcGIS Online 組織から Insights for ArcGIS アプリにアクセスできます。

  1. [Commercial_Permits_since_2010] 圧縮フォルダーをダウンロードします。
  2. コンピューター上で、ダウンロードしたファイルを選択します。そのファイルを右クリックして、アクセスしやすい場所に展開します ([ドキュメント] フォルダーなど)。
  3. ArcGIS の組織アカウントにサイン インします。
    注意:

    組織アカウントがない場合、ArcGIS の無料トライアルにサイン アップできます。

  4. ページの上部にある [アプリ] ボタンをクリックし、[Insights] を選択します。

    アプリのリストの Insights for ArcGIS

    注意:

    Insights for ArcGIS にアクセスするには、ArcGIS 組織の管理者からライセンスを付与されていなければなりません。組織に Insights ライセンスがない場合は、無料トライアルにサインアップできます。

    はじめて Insights for ArcGIS を使用する場合は、[Insights へようこそ] ウィンドウが開き、Insights で実行できることのリストが表示されます。

  5. 必要に応じて、[Insights へようこそ] ウィンドウで [スキップ] をクリックします。
  6. [新しいワークブック] をクリックします。

    [新しいワークブック] ボタン

    [ページに追加] ウィンドウが開きます。このウィンドウで、データセットを選択して新しいワークブックに追加できます。ArcGIS 組織でホストされているデータ、コンピューター上にある Excel または CSV ファイルのデータ、または Living Atlas のデータを選択できます。Excel ワークブックからローカル データを追加します。

  7. 左側のウィンドウで、[Excel または CSV] をクリックします。

    [Excel または CSV] オプション

  8. 展開した [CommercialPermits2010.xlsx] ファイルを参照してワークブックに追加するか、ドラッグ アンド ドロップします。
  9. [選択したデータ] ウィンドウの右下にある [追加] をクリックします。

    Excel シートをワークブックに追加する

    データセットがワークブックの新しいカードに追加されます。カードとページを使用して、ワークブック内の情報を整理します。各ページには複数のカードを含めることができ、各カードにはマップ、チャート、またはテーブルを含めることができます。ワークブック、ページ、およびカードの名前を意味のある名前に変更します。

  10. [無題のワークブック] をクリックして、「Commercial Permits: Montgomery County, MD」と入力し、Enter キーを押します。
  11. [1 ページ] をクリックして、「Data Exploration」と入力し、Enter キーを押します。
  12. 左側のウィンドウで [CommercialPermits2010.xlsx] を見つけ、「Commercial Permits since 2010」に名前を変更します。

    データセット名の変更

  13. [Commercial Permits since 2010] で、[データセットのオプション] をクリックして [位置の有効化] を選択します。

    データセット上の位置の有効化

  14. [位置の有効化] ウィンドウの [位置情報の種類] で、[住所] を選択します。
  15. デフォルトの [ArcGIS World Geocoding Service] をそのまま使用します。
  16. [住所フィールド][1 つ] を選択します。
  17. [単一行入力] で、フィールド リストの下の方にある [LOCATION] フィールドを選択します。
  18. 選択内容を確認し、[実行] をクリックして、[Commercial Permits since 2010] データセット上の位置を有効にします。

    マップ上の位置を有効にする

    位置の有効化が完了すると、Commercial Permits since 2010 に新しい住所フィールドが追加されます。

  19. [Commercial Permits since 2010] で新しく追加された [住所] フィールドを見つけて選択し、[マップ] ドロップ領域にドラッグします。

    マップ カードの作成
  20. 新しいカードを作成するには、[マップ] ドロップ領域をクリックします。

    [カード 1] というタイトルのマップ カードがワークブックに追加されます。

  21. [カード 1] をクリックして、「Map of Commercial Permits」と入力し、Enter キーを押します。

    名前を変更したワークブック、ページ、およびカード

  22. [保存] ボタンをクリックします。

    [保存] ボタン

テーブルおよびチャートの追加

商業建築許可データが追加されたので、そのコンテンツを調査します。地理データには、場所に関する情報だけでなく、マップ上に表示されない他の属性も含まれます。データ ウィンドウと呼ばれる左のウィンドウは、データをリスト表示し、これらの属性の探索にも使用できます。

重要な属性を表示するために、その属性に含まれるデータの種類に応じて、マップ、チャート、またはテーブルとして属性を新しいカードに追加できます。モンゴメリー郡が関心を持つ 2 つの属性は、各許可の使用コードとステータスです。使用コードは、どのような建物に対する許可であるかを示し、ステータスは許可が発行されただけか、または必要な検査がすべて完了したかどうかを示します。1 つの属性をテーブルとして追加し、その他の属性をチャートとして追加します。

  1. データ ウィンドウで、[Commercial_Permits_since_2010] の横にある矢印をクリックしてその属性を展開します。

    商業建築許可データの属性の展開

    商業建築許可データには、属性の長いリストが含まれています。いくつかの属性にはわかりやすい名前が付けられており、その他は状況を理解していないとわかりにくい名前が付いています。各属性の横にあるアイコンは、その属性に含まれるデータのタイプを示しています。

  2. 属性のリストの下部近くへスクロールします。マップ カードの横にある空白領域まで [Use_Code] フィールドをドラッグして、[テーブル] ドロップ領域で放します。

    [テーブル] ドロップ領域

    新しいカードが作成されます。使用コードごとの許可の数と認可の合計数が表示されます。テーブルを並べ替えて、どのカテゴリの許可数が最も多いかわかるようにします。

  3. 新しいカードを作成するには、[テーブル] ドロップ領域をクリックします。
  4. テーブル カードで、[並べ替え] ボタンをクリックします。

    [並べ替え] ボタン

    テーブルは最小数から最大数まで順に並べ替えられますが、これは不要です。

  5. [並べ替え] ボタンを再度クリックします。

    これで、テーブルは最大数から最小数まで順に並べ替えられます。最も一般的な使用コードである Business Building の認可数は、2 番目に数が多い Multi-family Dwelling のほぼ 2 倍あります。上位 4 位の使用コードで、認可全体の大部分を占めているため、これらの使用コードは後の解析で重点を置く最も重要なコードになる可能性があります。

  6. テーブル カードの外側をクリックして、テーブル カードの選択を解除します。その後、カードの名前を「Permits by Type」に変更します。

    ステータス別の許可を示すカードを作成することもできます。許可ステータスは、Issued、Finaled、Open、および Stop Work の 4 つだけです。各ステータス毎の許可数を表示するために、ドーナツ チャートを作成します。

  7. データ ウィンドウで、属性のリストの一番上までスクロールします。[ステータス] フィールドを [チャート] ドロップ領域にドラッグします。
  8. 新しいチャート カードを作成するには、[チャート] ドロップ領域をクリックして [ツリーマップ] を選択します。

    ツリーマップ チャートの選択

    新しいカードには、4 つの許可ステータスがツリーマップとして表示されます。各ステータスのサイズは、許可の数によって決まります。

    ツリーマップ カード

    最初のカードの生成後は、カード上でチャート タイプを更新および変更できます。

  9. [ツリーマップ] チャート カードで、[視覚化タイプ] をクリックして [ドーナツ チャート] を選択します。

    ツリーマップからドーナツ チャートへの変更

    カードが更新され、許可ステータスがドーナツ チャートで表示されます。

    ステータス別の許可数を示すドーナツ チャート

    認可の大部分は Issued または Finaled です。Finaled 認可は、必要な検査も実行された発行済み認可です。

  10. カードの選択を解除して、名前を「Permits by Status」に変更します。

    現時点では、マップ カードは、単一のシンボルで許可が表示されているだけです。ただし、許可に関する属性の空間分布を視覚化できます。各許可のシンボルがそのステータスを表すようにマップを変更します。

  11. データ ウィンドウで、[Status] フィールドをマップ カードにドラッグします。

    シンボルが変更されます。

    許可ステータスによりシンボル化されたマップ

    注意:

    マップ カラーは異なる場合があります。

  12. マップ カードの右上隅で、[Status] の横にある矢印をクリックします。

    凡例が含まれる [レイヤー オプション] ウィンドウが開きます。各許可ステータスの色は、ドーナツ チャート内の色と一致します。マップ カードとチャート カードは同じ属性に基づいているため、2 つのカードはリンクしています。

    次に、特定のステータス タイプまたは使用コードの空間分布を調査します。

  13. [レイヤー オプション] ウィンドウを閉じます。
  14. [Permits by Status] カードで、[Open] ステータスのドーナツ チャート セグメントをクリックします。

    マップが変化し、[Open] ステータスの許可がハイライト表示されます。

  15. [Permits by Type] カードで、[Townhouse] 使用コードをクリックします。

    ドーナツ チャートと同じように、Townhouse 許可だけがハイライト表示されます。

  16. [Townhouse] 使用コードを再度クリックして、選択を解除します。

    マップにはすべての許可が再度表示されます。

データの整理

データの解析を始める前に、使用しない属性フィールドを非表示にし、名前が明確でないフィールドの名前を変更します。その後、データセットをフィルタリングして、最も一般的な 4 つの使用コードを持つ許可のみを表示します。これらの変更は、元のデータセットに永続的に影響するものではなく、データの操作と理解を容易にするものです。

  1. データ ウィンドウで、属性のリストの一番下までスクロールします。Ctrl キーを押しながら、次のフィールドをそれぞれクリックして選択します。
    • Building_A
    • Declared_V
    • Applicatio

    これらの属性フィールドは、解析には重要ではないデータです。これらのフィールドを非表示にします。

  2. 属性のリストの一番上までスクロールして、[データセットのオプション] ボタンをクリックして、[選択したフィールドを非表示] を選択します。

    [選択したフィールドを非表示] オプション

    これらのフィールドはリストに表示されなくなります。フィールドを再び表示するには、[非表示フィールドの表示] を選択します。次に、名前が短いまたは明確でない属性フィールドの名前を変更して、わかりやすい名前にします。

  3. 属性のリストの一番下までスクロールして、[Descriptio] フィールドをポイントし、[フィールド名の変更] ボタンをクリックします。

    [フィールド名の変更] ボタン

  4. フィールドの名前を「Description」に変更して、Enter キーを押します。
  5. [BldAreaNu] の名前を「Building Area」に、[DeclValNu] の名前を「Declared Value」にそれぞれ変更します。

    名前変更または削除できるフィールドは他にもありますが、このレッスンではこれで十分です。次に、認可をフィルタリングして、解析のレコード数を減らします。前に確認したように、4 種類の許可が合計認可数の半数以上を占めています。これらの 4 種類に解析を集中すると、最も重要な種類の発展を無視することなく、解析するデータの量が減ります。その他の使用コードを削除するために、フィルターを作成します。

  6. データ ウィンドウで、[Use_Code] 属性フィールドをポイントし、[データセット フィルター] ボタンをクリックします。

    [データセット フィルター] ボタン

    [Use_Code によるフィルター処理] ウィンドウが開きます。オフ状態の属性はデータセットには表示されません。

  7. [並べ替え] ボタンをクリックして、[個数: 降順] を選択します。
  8. [すべて選択] をオフにして、属性をすべてオフにします。その後、個数が最も多い 4 つのカテゴリ(Business BuildingMulti-family DwellingCommercial Miscellaneous、および Mercantile Building) の横にあるチェックボックスをオンにします。

    [Use_Code によるフィルター処理] ウィンドウ

  9. [適用] をクリックします。

    データセットがフィルタリングされます。マップ カード、テーブル カード、およびチャート カードはすべて変化し、選択した 4 つの使用コードがある許可のみを反映します。11,000 以上の認可に代わって、約 7,500 のデータが表示されます。

  10. ワークブックを保存します。

時間的および空間的傾向の視覚化

データは商業建築許可について表示していますが、これらの許可データより、郡内で発展が生じている時期と場所について、何を示しているといえるでしょうか。データには、認可がシステムに最初に追加された日時を示す Added_Date などの時間属性フィールドも含まれています。このフィールドには、年、月、および時間でデータを分類するサブフィールドがいくつかあります。年、月、および日サブフィールドのチャート カードを作成して、時間軸での許可活動のパターンを視覚化します。次に、マップ カードをヒートマップとしてシンボル表示して、許可データの空間的密度が高い場所を確認します。

  1. データ ウィンドウで [Added_Date] の下にある [年] フィールドを新しいバー チャート カードまでドラッグします。

    バー チャートがワークブック ページに追加されます。

    年別の許可を示すバー チャート

    チャートには、2010 年以降に毎年発行された許可の数が示されます。(2017 年は、データセットが 2017 年の一部だけを対象としているため、認可が大幅に少なくなっています。) 許可数を各バーのサイズで視覚的に比較したり、バーを選択してその年の正確な許可数を確認したりすることもできます。赤い点線は年間の平均許可数 (939) を示しています。年によって多少の変動はありますが、ほとんどの年で許可活動は同じです。

  2. データ ウィンドウで [Added_Date] の下にある [月] フィールドを同じバー チャート カードにドラッグします。

    バー チャートが変化し、月別に発行された認可の数が示されます。チャートによると、許可活動は 6 月と 7 月に最も多く発生しています。

  3. [Added_Date] の下にある [Day of week] フィールドを同じバー チャート カードにドラッグします。

    ほとんどすべての許可活動が平日に発生しています。官庁は週末を休日にしているため、許可はほとんど発行されません。

    ある期間にわたって許可を表示するもう 1 つの方法は、年、月、日で分類するのではなく、アクティビティのタイムラインを表示することです。タイムラインは、時系列チャートとも呼ばれ、ある期間にわたる許可活動の全体的な分布パターンを強調します。既存のバーチャートを削除して、時系列チャートに置き換えます。

  4. バー チャート カードで、オプションのボタンをクリックして、[削除] ボタンをクリックします。

    [削除] ボタン

  5. データ ウィンドウで、[Added_Date] フィールドをワークブックの空白領域までドラッグして、[時系列] ドロップ領域で放します。

    [時系列] ドロップ領域

    注意:

    [Added_Date] フィールドは、サブフィールドが複数ある時間的フィールドであるため、それを使って作成できるカードの種類は異なります。時系列カードはチャート カードを置き換えます。

    時系列チャートがワークブックに追加されます。ただし、タイムラインが長い場合、デフォルトのカード サイズでは小さすぎます。カードのサイズを変更して、データが見やすくなるようにします。

  6. カードが 2 つのカード分の長さになるまで、時系列カードの中央右ハンドルをドラッグします。

    サイズの変更方法を示す矢印付き時系列カード

  7. カードの外側をクリックして、カードの選択を解除します。その後、カードの名前を「Permits over Time」に変更します。

    [Permits over Time] カード

    ヒント:

    ライン上の特定の時点をポイントすると、その時点の許可数が表示されます。

    チャートを展開すると、パターンと外れ値を検出しやすくなります。たとえば、許可活動の大幅な急増は 2011 年中頃に発生しました。この急増の原因は何でしょうか? これは、許可活動全体での増加、それとも特定の許可タイプでの増加でしょうか? 使用コード別に時系列カードをグループ化して、これらの質問の回答を得ます。

  8. 時系列カードで、[グループ化] をクリックして、[Use_Code] を選択します。

    [Use_Code] フィールドが選択された [グループ化] リスト

    時系列は 4 つの個別ライン (4 つの主要な使用コードにそれぞれ 1 つずつ) に分割されます。4 つのラインのうち 1 つだけに 2011 年の大幅な急増が含まれます。これは、特定の認可タイプでの増加によって急増が生じたことを示しています。

  9. 時系列カードで、[凡例] ボタンをクリックします。

    [凡例] ボタン

    凡例によると、2011 年に急増した許可活動は、発行された多世帯住居認可数の増加によるものです。これは、2011 年に大幅な住宅発展があったことを意味している可能性があります。

    データ内の時間的パターンをいくつか調査しました。次に空間パターンを調べます 郡の中に、許可活動が比較的盛んな特定のエリアはあるでしょうか? 住宅での許可における 2011 年の急増は、特定の場所で起きたのでしょうか? 確認するために、マップ カードのシンボルを変更して、ホット スポットまたはポイントの密度があるエリアを表示します。

  10. マップ カードで、レイヤー名 ([Status]) の横にある矢印をクリックします。開いた [レイヤー オプション] ウィンドウで、[設定] ボタンをクリックします。

    [レイヤー オプション] ウィンドウの [設定] ボタン

    ウィンドウには、スタイルとシンボルのオプションが表示されます。

  11. [シンボル タイプ] で、[場所 (単一シンボル)] を選択します。
  12. [場所 (単一シンボル)] オプションで、[ヒート マップ] を選択します。

    [場所 (単一シンボル)] を選択

    マップカードが変化し、ホット スポットが表示されます。

    [ヒート マップ] シンボル タイプ

    明るい黄色エリアは、許可の密度が高い場所です。高密度のエリアは、郡の南東部と北西部にあり、それぞれジャーマンタウンの主な人口集中地区およびワシントン D.C. の近郊地域と一致しています。次に、2001 年の許可急増がマップの特定エリアと一致しているかを確認します。

  13. [レイヤー オプション] ウィンドウを閉じます。
  14. [Permits over Time] カードで、2011 年中頃の急増をクリックして選択します。

    カードは相互接続されているため、一方のカードでデータを選択すると、マップ内の関連データが強調表示されます。この場合、ヒート マップが変化し、ジャーマンタウン近く、郡の北西部にホット スポットが表示されます。

    ジャーマンタウンのホット スポット

    調査により、住宅発展の大幅な急増は、2011 年の夏にジャーマンタウン近くのエリアで発生したように思われます。これで、発展が生じた場所と時期について良いアイデアを得ることができ、発展が生じている理由を見つけるために必要な質問がわかります。

  15. ワークブックを保存します。

このレッスンでは、Insights for ArcGIS で新しいワークブックを作成して、メリーランド州モンゴメリー郡の商業建築許可データを追加しました。マップ上のデータおよびテーブルとチャートのデータを調査しました。その後、データの空間的および時間的傾向をいくつか視覚化しました。次のレッスンでは、データで解析関数を実行して、発展が起きている理由と将来発展が生じると予測される場所について新しい洞察を得ます。