Skip To Content

パターンの解析

前のレッスンでは、データを探索して、モンゴメリー郡での許可活動の空間的および時間的な傾向について多少学びました。このレッスンでは、探査にとどまらずに、空間解析ツールを使用して、データ自体では答えられない質問の回答を得ます。特に、2011 年にジャーマンタウンで認可が急増した理由を探り、将来の商業建築許可の急増 (さらには、将来の発展) が生じる可能性が高い場所を予測します。

最初に、郵便番号別にポイントを集約します。各郵便番号に人口統計情報を付加して、このような短時間で急速に発展した人口統計的状況の詳細を調べます。発展した理由、その場所と日時を決定したら、類似する人口統計的特性を持つ他の郵便番号を見つけて、将来の発展を予測します。

ポイントの集約

ポイント データセット上で特定の解析関数、特に空間的人口統計データに基づく解析関数を実行することが難しい、または不可能である場合があります。郵便番号に基づいてポイントを集約し、Living Atlas から米国の郵便番号のレイヤーを使用します。ポイントを集約する前に、マップのシンボルをポイントごとの個別シンボルに戻します。

  1. 必要に応じて、Insights for ArcGIS[Commercial Permits: Montgomery County, MD] ワークブックを開きます。
  2. マップ カードで、[レイヤー オプション] ウィンドウを開きます。シンボル オプション タブで、[シンボル タイプ][場所 (単一シンボル)] に変更します。
  3. [レイヤー オプション] ウィンドウを閉じます。

    また、マップのサイズを拡大して、詳細なデータを表示します。

  4. マップ カードがワークブック ページの大部分をカバーするまで、マップ カードの右下ハンドルをドラッグします。

    郵便番号ごとにポイントを集約するには、ポイント レイヤーと郵便番号レイヤーの両方が必要です。Living Atlas から郵便番号のレイヤーを追加します。

  5. データ ウィンドウの上で、[データの追加] をクリックします。

    データの追加ボタン

    [ページに追加] ウィンドウが開きます。以前にこのウィンドウを使用して、初めてワークブックを作成したときに、認可データをワークブックに追加しました。

  6. 左側のウィンドウで、[Living Atlas] をクリックします。検索ボックスに「ZIP Code」と入力し、Enter キーを押します。

    複数の検索結果が返されます。

  7. [United States ZIP Code Boundaries 2017] レイヤーを指定して、[詳細の表示] をクリックします。
    注意:

    Living Atlas レイヤーは定期的に更新します。必要に応じて、2018 年以降の郵便番号境界レイヤーも使用できます。

  8. 詳細を確認した後、[選択] ボタンをクリックして、データを選択します。

    データを選択すると、右ウィンドウが変化し、データに含まれるレイヤーのリストが表示されます。このデータは主に郵便番号エリアに焦点を絞っていますが、州や郡の境界など、他の地理的境界も含んでいます。データを追加する前に不要なレイヤーの選択を解除します。

  9. [すべて選択] をオフにして、レイヤーの選択をすべてオフにします。その後、[USA_ZipCode] をオンにします。

    [選択したデータ] リスト

  10. [追加] をクリックします。

    [USA_ZipCode] レイヤーが新しいアイテムとしてデータ ウィンドウに追加されます。次に、このレイヤーを使用して、許可のポイントを集約します。

  11. [USA_ZipCode] レイヤーをマップ カードにドラッグして、[空間集約] ドロップ領域で放します。

    [空間集約] ドロップ領域

    [空間集約] ウィンドウが開きます。デフォルトでは、エリア レイヤーとして郵便番号、集約対象のレイヤーとして商業建築許可データ、そしてレイヤー スタイルに許可数を使用するようにパラメーターが設定されます。これらのパラメーターは目的にかなうものです。

  12. [空間集約] ウィンドウで、[実行] をクリックします。

    解析が実行されます。およそ 5 分かかります。完了すると、Count of Commercial_Permits_since_2010 という新しいレイヤーがデータ ウィンドウとマップに追加されます。

    [空間集約] 結果レイヤー

    新しいレイヤーはポイント レイヤーに似ていますが、実際には、ポイント シンボルがあるポリゴン レイヤーです。各ポイントは、郵便番号エリアごとの認可の数を表しています。ポイントが大きくなるほど、認可数の多い郵便番号であることを意味します。

    結果は異なる可能性があります。

  13. マップ上の郵便番号をポイントします。

    郵便番号をポイントすると、ポップアップが開かれ、正確な認可数と、その数を平均数 (183)、最小数 (1)、最大数 (741) と比較する比較バーが表示されます。

    ジャーマンタウンでの認可数

    これらの統計情報は、各カードの情報ページにもまとめられます。

  14. マップ カードで、[情報] ボタンをクリックします。

    [情報] ボタン

    カードが反転して、データに関する基本的な統計情報がいくつか示されます。

  15. 統計情報の確認を終えたら、戻る矢印をクリックして、カードを反転します。

    マップ上の大きいポイント シンボルの大部分はワシントン D.C. 近くの南東地域にありますが、北西部にも大きいポイントがいくつかあります。特に、クラークスバーグにある郵便番号に非常に大きい円があります。(異なる郵便番号データを使用している場合、このエリアは、代わりに郵便番号 20871 として識別される場合があります。)

    クラークスバーグでの認可数

    この郵便番号には 751 の認可数があります。これは、このエリアで最大です。さらに、このエリアは、前のレッスンで特定したホット スポットに地理的に対応します。この郵便番号は、レイヤーに人口統計データを付加するときに注目するデータです。

データへの情報付加

クラークスバーグの郵便番号に関する人口統計的特性は高い発展の一因となっているでしょうか? そうであれば、これらの特性を持つ別のエリアが今後発展する可能性はあるでしょうか? これらの質問の回答を得るために、[データの情報付加] 解析ツールを使用します。このツールは、選択した人口統計属性をデータに追加します。特に、タペストリ情報を各郵便番号に追加します。タペストリとは、年齢グループやライフスタイル選択など、数多くの人口統計的変数や社会経済的変数のサマリーです。対象地域に居住している人のタイプが詳細に示され、そこで発展した理由を深く理解することができます。

  1. マップ カードで、[アクション] ボタンをクリックします。
    注意:

    表示するボタンのマップ カードを選択する必要があります。

    [アクション] ボタン

    [解析] ウィンドウが開きます。ウィンドウにはタブが 2 つあります。使用するツールがわかっている場合は [空間ツール] タブが最適です。[回答の検索] タブは、回答を得たい質問に応じた解析ツールを見つけることができます。

  2. [空間ツール] タブで [データの情報付加] をクリックします。

    [データの情報付加] ツール

    このツールには、パラメーターが 2 つあります。1 つは、情報を付加するレイヤーです。これは、デフォルトで、集約された郵便番号レイヤー ([Count of Commercial_Permits_since_2010]) です。もう 1 つのパラメーターは、追加する人口統計データです。

  3. [ライフスタイルおよび人口統計データを選択] の下で、[データ ブラウザーを開く] をクリックします。

    [データ ブラウザー] ウィンドウが開きます。デフォルトでは、グローバル データを検索します。

  4. [グローバル] の横にある矢印をクリックして、[米国] を選択します。

    データが、人口、教育、収入などのカテゴリによりタイプごとにまとめられます。

  5. [タペストリ] をクリックします。

    [タペストリ] データ カテゴリ

    複数のタペストリ変数があります。これらの変数の多くは、特定のタペストリ カテゴリに対応する人数または世帯数を提供します。郵便番号全体で主要なタペストリ セグメントの名前が必要になります。

  6. [一般的な変数を選択][2018 Dominant Tapestry Segment Name (Esri)] をオンにします。
    注意:

    変数が一般的な変数のリストに表示されない場合は、その変数を名前で検索できます。さらに、タペストリ データは定期的に更新されます。必要な場合は、より新しいデータセットを使用できます。

    タペストリ セグメント名変数

    一度に複数の変数をデータに付加するオプションがありますが、このレッスンではこの変数で十分です。

  7. [適用] をクリックします。

    [データの情報付加] ウィンドウを使用して新しいパラメーター、[データの確認] を追加します。このパラメーターには、選択した変数 [2018 Dom Tapestry Segment Name] が含まれます。

    [データの情報付加] ツール パラメーター

  8. [データの情報付加] ウィンドウで、[実行] をクリックします。

    ツールが実行され、新しいレイヤーがデータ ウィンドウとマップ カードに追加されます。結果を見やすく表示するには、集約された認可レイヤーを一時的にオフにして、情報付加された郵便番号レイヤーのシンボルを変更します。

  9. マップで、[Count of Commercial_Permits_since_2010] レイヤーのシンボルをクリックして、オフにします。

    集約された認可レイヤーのシンボル

  10. [Enrich 1] レイヤーの横にある矢印をクリックします。[レイヤー オプション] ウィンドウで、[設定] ボタンをクリックします。

    現在、このレイヤーのシンボルは、どの郵便番号も同じです。レイヤーに付加した属性フィールドに基づいて、各郵便番号をシンボル表示します。

  11. [シンボル設定] の下で、[2018 Dom Tapestry Segment Name] を選択します。
  12. [レイヤー オプション] ウィンドウを閉じます。

    シンボル表示されたデータの情報付加レイヤー

    注意:

    各タペストリ セグメントの色はランダムに選択されます。マップは、この例の図とは異なる場合があります。

  13. 郵便番号をいくつかポイントします。

    シンボルが変更されただけでなく、郵便番号をポイントするとタペストリ セグメントが表示されるようになります。タペストリ セグメントには、Enterprising Professionals や Savvy Suburbanites などの名前が付けられます。タペストリ セグメンテーション ヘルプ ページ で、特定の人口統計的特性をはじめとする各セグメントの詳細情報を検索できます。

  14. [Count of Commercial_Permits_since_2010] レイヤーのシンボルをクリックして、もう一度表示します。

    タペストリ レイヤーは透明のため、集約されたポイント シンボルは郵便番号ごとに表示されます。多数の発展が生じたクラークスバーグの郵便番号で主要なタペストリ セグメントは何でしょうか?

  15. クラークスバーグの郵便番号をポイントします。

    クラークスバーグのタペストリ セグメント

    ポップアップによると、ブームバーブが郵便番号の主要なタペストリ セグメントです。ブームバーブには、若い労働者が家族と一緒に安価な新興住宅地に住んでいます。この記述は、2011 年にそのエリアで急速な居住の発展が見られた理由を説明している可能性があります。人口統計プロファイルが類似する他の郵便番号が今後急速に発展する可能性があります。

    エリアにタペストリ セグメントがいくつあるかがポップアップに表示されます。この場合、合計 42 のセグメントがあり、そのうちの 2 つがブームバーブです。

  16. クラークスバーグ南西部の郵便番号を直接ポイントします。

    この郵便番号はボイズにあります。ブームバーブ タペストリ セグメントもあります。ただし、認可の数は 2010 年以来比較的低いままです。郡は、このエリアの認可アクティビティで同様の急増を予測できるかもしれません。

    タペストリは定期的に更新されるため、データとマップの色が変わることもあります。

  17. ワークブックを保存します。

    タペストリ セグメントは複数の人口統計的特性に基づいていますが、他の変数を使用してこの解析を実行することもできます。たとえば、高い認可アクティビティと高い人口増加の間に相関関係があるかどうかを判定できます。若者の人口または高所得水準は、発展の強力な指標でしょうか? 自由に解析ツールを使用して、これらの質問などの回答を得ることができます。しかしながら、このレッスンの目的については、この結果で十分です。

作業の共有

データを解析し、データについていくつかの結論に達しました。次に、結果をオンラインで共有します。現時点では、結果レイヤーは Insights ワークブックのみに格納された一時データセットです。データを共有することによって、郡職員は容易に他の ArcGIS アプリケーションでデータを使用して、重要な情報を公開できます。特に、作業を ArcGIS Online で共有します。最初に、どの Web マップにも追加可能なフィーチャ レイヤーとして情報付加した郵便番号データセットを共有します。次に、時間の経過に伴って発行される認可の時系列チャートを共有します。

  1. データ ウィンドウで、[Enrich 1] レイヤーを拡張します。

    レイヤーには、郵便番号ごとの認可数と主要なタペストリ セグメントのフィールド、つまり、基本的に解析で作成したすべての結果データが含まれます。共有する必要があるのはこのレイヤーだけです。元の集約レイヤーを共有する必要はありません。

  2. レイヤー名の横にある [データセットのオプション] ボタンをクリックして、[データの共有] を選択します。

    [データの共有] オプション

    [データの共有] ウィンドウが開きます。データを共有する前に適切なメタデータを提供して、データセットを使用するユーザーがその内容をよく理解できるようにします。

  3. [タイトル] フィールドを「Commercial Permits Enriched Count by ZIP Code (郵便番号ごとの商用認可情報付加数)」に変更します。
  4. [説明] で、「The top four categories of commercial permits for Montgomery County, Maryland, aggregated by ZIP Code and enriched with the dominant Tapestry segment. (郵便番号ごとに集約され主要なタペストリ セグメントが付加されたメリーランド州モンゴメリー郡の商用認可の上位 4 カテゴリ)」と入力します (またはコピーして貼り付けます)。
  5. タグ「Montgomery County」、「Permits」、「Planning」、「Tapestry」を追加します。

    [データの共有] パラメーター

    現時点では、郡職員にデータを表示するだけにするため、組織と共有します。

  6. [次のグループと共有] の下で、組織のチェックボックスをオンにします。

    郡がデータをパブリックに公開する準備ができると、すべてのユーザーがデータセットにアクセスできるように共有オプションを変更します。

  7. [共有] をクリックします。

    しばらくすると、マップが共有されます。データ ウィンドウで、共有されたことを示すメモがレイヤーに追加されます。

    レイヤーが共有されたことを示すメモ

  8. [アイテムを開く] をクリックします。

    レイヤーのアイテム ページが ArcGIS Online の新しいブラウザー タブで開きます。レイヤーを Web マップに追加したり、ダウンロードしたりすることができます。ArcGIS Online[コンテンツ] ページからレイヤーにアクセスすることもできます。

  9. アイテム ページを閉じて、ワークブックに戻ります。

    主な認可タイプごとの認可アクティビティを時間の経過に伴って表示する時系列チャートも共有します。ワークブック内のカードは、それがあるページを共有することにより共有できます。そうすることにより、ページ上の他のカードもすべて共有されますが、時系列カードだけを共有したい場合があります。現在のページを複製して、共有しないカードを削除します。

  10. ページ名の横にある [ページ オプション] ボタンをクリックして、[ページの複製] を選択します。

    [ページの複製] オプション

    Data Exploration Copy」という新しいページがワークブックに追加されます。

  11. ページの名前を「Commercial Permits over Time」に変更します。
  12. マップ カードをクリックして選択します。その後、[削除] ボタンをクリックします。
  13. [Permits by Type] カードと [Permits by Status] カードを削除して、[Permits over Time] カードをページの上部にドラッグします。

    複製されたページ

    これで、ページには、共有するチャートのみが含まれるようになりました。

  14. ワークブックを保存します。
  15. [Commercial Permits over Time] ページの横にある矢印をクリックして、[ページの共有] を選択します。

    ここでも、共有する前にメタデータをデータに追加できます。

  16. 次のパラメーターを変更します。
    • [タイトル]: Commercial Permits over Time
    • [説明]: Time series chart of the top four use codes for commercial permits in Montgomery County, Maryland.
    • [タグ]: 「Montgomery County」、「Permits」、「Planning
  17. [次のグループと共有] の下で、組織の横にあるチェックボックスをオンにします。
  18. [共有] をクリックします。

    しばらくすると、データが共有されます。Insights で読み取り専用アイテムとしてページにアクセスすることも、そのアイテム ページにアクセスすることもできます。

  19. [共有ページの表示] の下で [検索] をクリックします。

    共有ページの表示

    新しいブラウザー タブが開きます。共有したページの概要図が含まれています。チャートは対話的な機能を保持しており、チャートの特定の部分をポイントして詳細を知ることができます。このページにはエレメントが 1 つしかないため、コンテキストが不足している場合があります。将来、Insights には埋め込み機能が追加されるため、ストーリー マップや Web サイトにページを挿入できるようになります。

これらのレッスンでは、Insights for ArcGIS を使用して、メリーランド州モンゴメリー郡の商業建築許可データを探索し解析しました。データの空間的および時間的な傾向についての質問に答え、急速に発展した郡のエリアを特定しました。結果を人口統計データと比較して、起こりうる発展に関する結論に達し、共有した人口統計的特性に基づいて将来同様の発展が生じる可能性があるエリアを予測しました。Insights for ArcGIS を使用すると、任意のデータで同様のワークフローを実行して、その内容と回答可能な質問についての理解を深めることができます。

その他のレッスンについては、「Learn ArcGIS Lesson ギャラリー」をご参照ください。