Skip To Content

マップの作成

このレッスンでは、テキサス州ヒューストンのハリケーン避難ルートを示すマップを作成します。まず、新しいマップを作成し、テキサス州ヒューストンの場所を特定します。次に、避難ルートを示すマップ レイヤーを追加します。最後に、データが適切に表示されるようにマップとレイヤーの外観を変更します。

マップの開始

ArcGIS Online にサイン インし、対象エリアであるテキサス州ヒューストンに移動することで、マップを開始します。

  1. https://www.arcgis.com に移動し、サイン インします。
    注意:

    ArcGIS アカウントを持っていない場合は、無料の個人向けプランのアカウントまたは ArcGIS の無料トライアルにサイン アップできます。

  2. リボンの [マップ] をクリックします。

    リボンの [マップ] リンク

    新しいマップが開きます。

    ヒント:

    新規セッションで [マップ] をクリックすると、新規マップが開きます。新規セッションでない場合、既存のマップ (最後に使用していたマップ) が開きます。既存のマップが開いた場合は、[新規マップ] をクリックします。

    デフォルト マップ

    マップの外観は、アカウントまたは組織の設定およびブラウザーのウィンドウ サイズによって異なります。マップには、米国 (画像例を参照)、世界、または別の範囲が表示されることがあります。マップ上のレイヤーはベースマップだけです。ベースマップは、水域や政治的境界などの地理情報を提供します。デフォルトのベースマップは [地形図] ですが、組織の設定によってはマップが別のベースマップを持つこともあります。

    マップの上にはリボンがあります。マップの左横には [詳細] ウィンドウがあり、マップとそのレイヤーに関する情報が提供されます。次に、対象エリアに移動します。

  3. リボンの検索ボックスに「Houston」と入力します。表示された位置の候補リストで [Houston, TX, USA] をクリックします。

    テキサス州ヒューストンの検索結果

    注意:

    一部の ArcGIS 組織は、カスタムの住所ロケーターを持っています。画像例とは異なる検索結果が表示されることがあります。

    マップでヒューストンが拡大表示されます。[検索結果] ポップアップで位置が確認されます。

    テキサス州ヒューストンを示すマップ

  4. [検索結果] ポップアップを閉じます。

レイヤーの追加

次に、ヒューストンのハリケーン避難ルートを示すレイヤーをマップに追加します。世界中の管理された地理データのコレクションである ArcGIS Living Atlas of the World からこのレイヤーを追加します。

  1. リボンにある [追加] をクリックし、[Living Atlas レイヤーの参照] を選択します。

    [Living Atlas レイヤーの参照] オプション

    [検索] ページが表示されます。追加するレイヤーは、Federal User Community (米国の行政データを含む ArcGIS アカウント) によって所有されています。検索語句にレイヤーの所有者名を追加することで、レイヤーをより簡単に見つけることができます。

  2. ウィンドウの最上部に [Living Atlas] が表示されていることを確認します。
    注意:
    ArcGIS Enterprise ユーザーの場合は、ウィンドウの最上部に [ArcGIS Online] が表示されていることを確認します。ArcGIS EnterpriseLiving Atlas レイヤーを参照すると、Esri が管理する Living Atlas コンテンツのみが検索の対象となります。一方で、ArcGIS OnlineLiving Atlas レイヤーを参照すると、Federal User Community などの他のユーザーが提供した認定 Living Atlas コンテンツも検索の対象となります。
  3. 検索ボックスに「Hurricane Evacuation Routes」と入力します。次に、「owner:Federal_User_Community」と入力します。

    ArcGIS Online での [Hurricane Evacuation Routes] の検索

  4. Enter キーを押します。

    1 つの検索結果が返されます。

  5. [Hurricane Evacuation Routes] レイヤーの [追加] ボタンをクリックします。

    [Hurricane Evacuation Routes] レイヤーの追加

    レイヤーがマップに追加されます。

    ハリケーン避難ルートのマップ

    ルートは、市全域にわたるダーク グレーのラインとして表示されていますが、[地形図] ベースマップが背景であるためあまり目立っていません。ルートが目立つように、ベースマップを明るい配色のものに変更します。

  6. 検索ウィンドウで、[戻る] ボタンをクリックします。

    [コンテンツ] ウィンドウに戻ります。このウィンドウには、ベースマップを含め、マップ上のすべてのレイヤーがリスト表示されます。

    注意:

    [マップのコンテンツを表示] ボタンをクリックして、[コンテンツ] ウィンドウを表示する必要があります。

  7. リボンの [ベースマップ] をクリックし、[キャンバス (ライト グレー)] を選択します。

    ベースマップ ギャラリー

    注意:

    一部の ArcGIS 組織は、別のデフォルト ベースマップを持っている可能性があります。[キャンバス (ライト グレー)] ベースマップが表示されない場合は、[追加] をクリックして、[Living Atlas レイヤーの参照] を選択します。「World Light Gray」を検索し、[ライト グレー ベース (World Light Gray Base)] および [参照 (ライト グレー) (World Light Gray Reference)] レイヤーを追加します。次に、[コンテンツ] ウィンドウで、各レイヤーの [その他のオプション] ボタンをクリックして、[ベースマップへ移動] を選択します。

    ベースマップが変更されます。避難ルートが、明るい色の、あまり詳細でないベースマップを背景にしてかなり目立つようになります。

    Light Gray Canvas ベースマップを使用したマップ

マップの操作

次に進む前に、マップを探索して、ヒューストンの地理を十分に理解しておくとよいでしょう。このエリアについての理解を深めると、後で十分に情報を得たうえで意思決定をして、結論を導き出すことができます。探索する前に、現在の範囲のブックマークを作成して、必要に応じてすぐに戻ることができるようにします。

  1. リボンの [ブックマーク] をクリックし、[ブックマークの追加] を選択します。

    [ブックマークの追加] オプション

    ブックマークの名前用のテキスト ボックスが表示されます。

  2. テキスト ボックスに「Houston」と入力し、Enter キーを押します。

    ブックマークが追加されます。このブックマークを選択すると、ブックマークが作成されたマップ範囲に自動的に移動できます。

  3. [ブックマークした場所] ウィンドウを閉じます。

    これで、市を探索する準備ができました。

  4. マップに Buffalo Bayou、Brays Bayou、White Oak Bayou が表示されるまで、Houston ラベルの近くの市の中心にズームします。
    ヒント:

    ズームするには、いくつかの方法があります。マップの隅にある [拡大] ボタンをクリックするか、マウス ホイールで上にスクロールできます。または、Shift キーを押しながら、ズームするエリアの周りにボックスを描画することもできます。

  5. 必要に応じて、3 つのバイユーがすべて表示されるまで、マップを画面移動します。

    バイユーにズームしたマップ

    ヒューストンにはいくつかの主要なバイユー (平坦で低い沼地帯または湿地帯) があります。ハリケーンの際には、これらのバイユーが氾濫しやすく、特に危険になることがあります。後で高リスクのエリアを識別する際には、このエリアに目を向けるとよいでしょう。

  6. 現在のマップ範囲のブックマークを追加します。ブックマークに「Bayous」と名前を付けます。
  7. リボンの [ブックマーク] をクリックし、[Houston] を選択します。

    マップが元の範囲にズームします。

スタイルの変更

明るいベースマップを背景として避難ルートがより目立つようになりましたが、さらに人目を引くようにすることができます。レイヤーのスタイル (シンボルとも呼ばれる) を変更して、ルートの色を明るくし、ルートのライン幅を太くします。

  1. [コンテンツ] ウィンドウで、[Hurricane Evacuation Routes] レイヤーをポイントして、[スタイルの変更] ボタンをクリックします。

    [スタイルの変更] ボタン

    [スタイルの変更] ウィンドウが表示されます。レイヤーは、名前や速度制限などの属性情報に基づいて、単一シンボルまたは複数のシンボルを含むことができます。属性情報については、後で詳細に説明します。ここでは、各道路の特定の特性ではなく、道路の位置の表示だけに関心があるため、引き続き単一シンボルでレイヤーをシンボル表示します。

  2. [場所 (単一シンボル)] で、[オプション] をクリックします。

    [場所 (単一シンボル)] の [オプション] ボタン

    ウィンドウが変化し、レイヤーの透過表示やレイヤーが表示されるマップ範囲など、複数のスタイル オプションが表示されます。シンボル自体の色とサイズを変更します。

  3. [シンボル] をクリックします。

    [シンボル] オプション

    ウィンドウが開き、カラー パレットと他のオプションが表示されます。

  4. カラー パレットで、一番下の行の右から 4 つ目の列にある青色を選択します。

    パレット上の濃い青色

    この色を選択すると、6 桁の 16 進数コードが [#004C73] に変更されます。

  5. [ライン幅] で、[3] px を選択します。

    [ライン幅] オプション

  6. [OK] をクリックします。

    レイヤーに新しいライン色とライン幅が適用されます。

  7. [スタイルの変更] ウィンドウの [OK] をクリックします。次に [完了] をクリックします。

    青い避難ルートを含むマップ

    シンボルが太く明るくなったため、ルートが人目を引き、目立つようになりました。

    ルートのレイヤーはフィーチャ レイヤーであるため、個別の特性を持つ個々のフィーチャで構成されています。この場合、それぞれのルート セグメントが 1 つのフィーチャです。マップ上でフィーチャをクリックし、そのポップアップを開くことで、フィーチャの特性 (属性情報とも呼ばれる) を表示できます。

  8. 避難ルートのセグメントをクリックします。

    そのポップアップが開きます。

    I-45 避難ルートのポップアップ

    ポップアップから、ルートの名前 (画像例では I-45)、ルートの舗装の有無、およびルートの道路タイプがわかります。このポップアップは、[Hurricane Evacuation Routes] レイヤーの所有者によって、属性情報が明確に読みやすく表示されるように特別に構成されています。ポップアップの構成方法については、後のレッスンで学習します。

  9. 他にもいくつかのルート セグメントをクリックして、ポップアップを表示します。終了したら、ポップアップを閉じます。

マップの保存と共有

次に、避難マップを保存し、後で避難マップを簡単に検索および特定できるように、タイトル、タグ、サマリーを割り当てます。次に、マップを共有してアクセスできるようにします。

  1. リボンの [保存] ボタンをクリックして、[名前を付けて保存] をクリックします。

    [保存] ボタン

    [マップの保存] ウィンドウが開きます。

  2. [タイトル] に、「Houston Evacuation Map」と入力します。

    次に、タグを追加します。タグは、ユーザーが ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 組織でマップを検索できるようにする用語です。

  3. [タグ] に、次のタグを入力します。タグを入力するたびに Enter キーを押します。

    • Hurricanes
    • Roads
    • Evacuation Routes
    • Houston

    サマリーは、マップの詳細ページに表示され、ユーザーがマップの目的をよく理解できるように情報を提供する必要があります。

  4. [サマリー] に、「This map shows hurricane evacuation routes in Houston, Texas」と入力します。

    [マップの保存] ウィンドウのパラメーター

  5. [マップの保存] をクリックします。

    マップが保存されます。これで、マップがあなたのアカウントのコンテンツに表示されるようになりました。コンテンツにアクセスするには、[ArcGIS] (個人向けプランのアカウント) または [ホーム] (組織アカウント) をクリックし、[コンテンツ] を選択します。現在のところは、共有権限を設定します。

  6. リボン上で [共有] ボタンをクリックします。

    [共有] ボタン

  7. アカウント タイプに基づいて共有権限を設定します。

    ArcGIS Online

    [共有] ウィンドウで、[すべての人に公開 (パブリック)] をオンにします。

    ArcGIS Enterprise

    [共有] ウィンドウで、[すべての人に公開] をオンにします。

    注意:

    組織アカウントを使用している場合は、マップが組織でも共有されます。あるいは、ArcGIS Enterprise 内でのみ、または組織内のグループでのみ共有するよう選択することもできます。

  8. [終了] をクリックします。
    ヒント:

    マップを一般向け (ArcGIS Online) や内部 (ArcGIS Enterprise) の Web サイトに埋め込むことで、そのサイトでマップを呼び物にすることもできます。[共有] ウィンドウで、[Web サイトに埋め込む] をクリックして、必要なマップ オプションとマップ シンボルを選択します。次に、提供された HTML コードをコピーして、Web ページに貼り付けます。

このレッスンでは、ヒューストン市の位置を確認し、ハリケーン避難ルートを示すレイヤーを追加しました。次に、ベースマップと、ルートのスタイルを変更しました。最後に、マップを保存して、一般ユーザーと共有しました。

Web マップでは、空間パターンや空間リレーションシップを強調するために、複数のデータ レイヤーが含まれることが多くあります。次のレッスンでは、ヒューストンの人口統計データのレイヤーを追加して、避難支援が必要な、被害を受けやすいエリアを特定します。