ArcGIS Earth での世界の探索

サイン イン

まず、ArcGIS Earth を起動して、サイン インします。

  1. ArcGIS Earth を起動します。
    メモ:

    まだ ArcGIS Earth をお持ちでない場合は、ここから入手できます。

    ArcGIS Earth が起動し、世界が 3D グローブとして表示されます。 続行する前に、自分の ArcGIS アカウントにサイン インします。これにより、オンライン データにアクセスして ArcGIS Earth に追加することができます。

  2. 必要に応じ、[ツアーの開始] ポップアップで [スキップ] をクリックします。
  3. このレッスンの ArcGIS Online アカウントを使用している場合は、次の手順を使用してサイン インします。
    • 右上隅にある [サイン インしていません] をクリックします。 次に、[サイン イン] をクリックします。
    • 自分の ArcGIS Online アカウントの認証情報を使用してサイン インします。

    ArcGIS Online にサイン イン

    メモ:

    ArcGIS Online 組織アカウントがない場合は、ArcGIS の無料トライアルにサイン アップできます。

  4. このレッスンの ArcGIS Enterprise アカウントを使用している場合は、次の手順を使用してサイン インします。
    • 右上隅の [サイン インしていません] をクリックして、[ポータル マネージャー] をクリックします。
    • [ポータル] ウィンドウで [ポータルの追加] をクリックします。 Enterprise ポータルの URL を入力して、[OK] をクリックします。
    • ポータルを使用するには、その URL を右クリックして [アクティブなポータルとして設定] を選択します。
    • プロンプトが表示されたら、Enterprise ポータルの認証情報を使用してサイン インして、[ポータル] ウィンドウを閉じます。

ベースマップの変更

次に、ベースマップを変更します。 ベースマップは、グローブに追加するコンテンツの背景地図を提供します。 ArcGIS EarthArcGIS Online または ArcGIS Enterprise に接続されているため、デフォルトのベースマップ ギャラリーとテレインにアクセスできます。

ArcGIS Earth に表示されるデフォルトのベースマップは [衛星画像] です (組織の管理者により異なるデフォルトのベースマップが設定されていることがあります)。 ベースマップを [ラベル付き衛星画像] に切り替えます。このベースマップには地名や国境などの情報が表示されるため、後からマップに追加するレイヤーを簡単に検索できます。

  1. ArcGIS Earth の左上隅にあるツールバーの [ベースマップとテレイン] ボタンをクリックします。

    [ベースマップ ギャラリー] ボタン

    ベースマップ ギャラリーが開きます。 チェックマークは、そのベースマップが現在選択されていることを示します。 組織のデフォルト設定によっては、[ラベル付き衛星画像] ベースマップがすでに選択されている場合があります。 それ以外の場合は、ベースマップを変更できます。

  2. 必要な場合は、下にスクロールして [ラベル付き衛星画像] ベースマップをクリックします。

    ベースマップ ギャラリー

    ベースマップが自動的に切り替わります。

  3. ベースマップ ギャラリーの外側をクリックして、ギャラリーを閉じます。

    更新したベースマップ

    メモ:

    デフォルトの範囲は、この画像例とは異なる場合があります。

マップの操作

次に、マップを操作します。 ArcGIS Earth では、興味のある地球上の位置を検索して拡大表示し、その位置をブックマークとして保存することができます。 [検索] 機能では、ArcGIS Online のジオサーチ サービスが使用されます。 ArcGIS Earth はデフォルトで Esri の World Geocoding サービスを使用して、世界 100 か国以上で住所、都市、ランドマーク、企業名、その他の場所を検索します。 また、[XY プロバイダー] で場所の座標を使用して検索することもできます。

  1. [検索] ボタンをクリックします。 検索ボックスに「ナイロビ、ケニア」と入力します。 正しい結果をクリックして選択します。

    検索結果に表示されるナイロビ、ケニア

    マップ上に、選択した場所が拡大表示されます。

    ケニアのナイロビのマップ

  2. マップを操作します。

    使用しているデバイスに応じて、マウスまたは指でナビゲートできます。

    マウスを使用して操作する場合は、フィーチャを選択、計測、編集する際に、ビューの回転、傾斜、およびズームを同時に行うことができます。 1 回のクリックで、すぐにポップアップ ウィンドウが表示され、フィーチャを識別できます。また、クリックしてドラッグすると、ビューを中心に画面移動できます。 ホイール ボタンを回転させて拡大/縮小したり、ホイール ボタンをドラッグして連続的に拡大/縮小したりすることができます。 右クリックしてドラッグすると、クリックしたポイントを中心にビューを傾斜または回転できます。 シーン内を右クリックして、事前に定義された飛行パターンで世界を探索することもできます。 [回転][ピッチ][遠い][近い] という 4 つのオプションが用意されています。

    右クリックすると、マップ操作のためのその他のオプションが表示されます

    ArcGIS Earth インターフェイスの右上隅に、追加のナビゲーション コントロールがあります。 [北] ボタンをクリックして、ビューの上部が北になるようにシーンの方向を変更します。 [ホーム] ボタンをクリックすると、地球から遠ざかり、上部が北向きになります。

    [北] ボタンと [ホーム] ボタン

    指を使用する場合、1 本指での画面移動、複数の指でのズームと画面移動、および複数の指での回転とピッチの 3 つのナビゲーション モードを使用できます。 1 本指で画面移動を行うには、指を 1 本、ディスプレイ上に置きます。 ディスプレイ上で 2 本以上の指を広げたり、閉じたり、ドラッグすると、画面移動とズームのモードになります。ディスプレイ上に複数の指を等間隔に置くと、方向とピッチ モードになります。

    ArcGIS Earth のナビゲーションとキーボード ショートカットの詳細については、「ナビゲーション コントロール」をご参照ください。

    次に、ブックマークを作成します。 ブックマークには、後から世界を探索する際に移動できる特定の地理的位置が保存されます。

  3. ツールバー上の [ブックマーク] ボタンをクリックします。

    [ブックマーク] ボタン

    [ブックマーク] ウィンドウが開きます。

  4. [追加] ボタンをクリックします。

    [ブックマークの追加] ボタン

    現在の位置のブックマークが追加されます。

  5. [新しいブックマーク] をクリックし、ブックマークを「ナイロビ、ケニア」という名前に変更して Enter キーを押します。

    ブックマークを「ナイロビ、ケニア」という名前に変更する

  6. ブックマークを「ナイロビ、ケニア」という名前にして Enter キーを押します。
    メモ:

    ブックマークを更新するには、そのブックマーク上の [更新] ボタン [更新] ボタン をクリックします。

  7. 次の各位置に移動して、それぞれの位置のブックマークを作成します。
    • Bell Rock, Arizona
    • 富士山、日本
    • ベニス、イタリア

    ブックマーク ツアーで順番にすべてのブックマークに移動します。

  8. [終了] ボタンをクリックします。

    [終了] ボタン

    利用できるボタンが変わります。 これで、ブックマーク ツアーを再生できるようになります。

  9. [再生] ボタンをクリックします。

    [再生] ボタン

    保存されたすべてのブックマークのツアーが再生されます。

    ヒント:

    ツアー中にブックマークが表示される順番を変えるには、各ブックマークをドラッグして順序を変更します。

  10. ブックマーク ツアーが一巡したら、[停止] ボタンをクリックして [ブックマーク] ウィンドウを閉じます。

Living Atlas からのデータの追加

ベースマップには、探索用に選択したエリアに関する情報が豊富にありますが、ArcGIS Living Atlas of the World からさらに多くのデータを追加できます。 Living Atlas は、さまざまなテーマにoおいてすぐに使用できる地球規模の地理情報コレクションです。 世界中の人と場所を探索するだけでなく、人と場所への自然的影響および人工的影響を調査することもできます。

ArcGIS Living Atlas から Corine Land Cover 2018 マップを見つけて、ArcGIS Earth に表示します。 [Corine Land Cover (CLC)] レイヤーは Copernicus Land Monitoring Service の土地被膜サービスで、44 個の土地被膜クラスが含まれます。 CLC の詳細については、アイテムの詳細ページCopernicus Land Monitoring Service をご参照ください。

  1. ツールバーの [データの追加] ボタンをクリックします。

    [データの追加] ボタン

    [データの追加] ウィンドウが開きます。 デフォルトでは、利用可能なデータはマイ コンテンツが表示されるようにフィルター処理されています。 ArcGIS Living Atlas レイヤーを検索するために、利用可能なすべてのソースのデータが表示されるように検索対象を広げます。

  2. [データの追加] ウィンドウで、[マイ コンテンツ] をクリックして [Living Atlas] を選択します。

    次に、目的のレイヤーを検索します。

  3. 検索バーに「Corine Land Cover 2018」と入力し、Enter キーを押します。

    Corine Land Cover 2018 の検索

    複数の検索結果が返されます。

  4. [Corine Land Cover 2018] マップ画像レイヤーを見つけて、サムネイル画像をポイントし、[追加] ボタンをクリックします。

    Corine Land Cover 2018 のサムネイル画像

    メモ:

    この Web マップが検索結果に表示されない場合は、アカウントにサブスクリプション コンテンツにアクセスする権限があることを組織の管理者に確認してください。

    レイヤーがマップに追加され、マップが地球規模の範囲に縮小します。

  5. [ファイルの追加] ウィンドウを閉じます。
  6. ツールバーの [コンテンツ ウィンドウの展開] ボタンをクリックします。

    [コンテンツ ウィンドウの展開] ボタン

    [マイ データ][Corine Land Cover 2018] レイヤーがリストされます。 見やすくなるよう、透過表示を少し調整します。

  7. [Corine Land Cover 2018] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。 [プロパティ] ウィンドウで、[表示設定] タブをクリックします。
  8. [レイヤーの透過表示][50%] に設定します。 [プロパティ] ウィンドウを閉じます。

    透過性の調整

    レイヤーの 44 個の土地被膜クラスは、それぞれ特定の色に対応しています。 マップをさらに探索する前に、[凡例] を開いて、マップの横にクラスを表示します。

  9. コンテンツ ウィンドウ[凡例] ボタンをクリックします。

    コンテンツ ウィンドウの [データ] タブ

  10. 画面移動とズームを使用して、[Corine Land Cover 2018] レイヤーで世界を探索します。 検索ボックスを使用して、次の場所のいくつかを探索します。
    • Innsbruck, Austria
    • Zaragoza, Spain
    • Brasov, Romania
    • Uppsala, Sweden

    Innsbruck, Austria

ファイルからデータを追加

コンピューターまたは共有ドライブからローカル ファイル データを表示することもできます。 サポートされているローカル データ タイプは次のとおりです。

  • シェープファイル (SHP) - GIS ソフトウェアで一般的に使用されている地理空間ベクター データ形式
  • Keyhole Markup Language (KML および KMZ) ファイル - インターネットベースの 2D マップおよび 3D 地表ブラウザー内で地理的なアノテーションと可視化を表現するために一般的に使用されている形式
  • テキスト (TXT) およびカンマ区切り (CSV) ファイル - 位置の座標や住所が格納されているファイル

まず、3D データの KMZ ファイルを追加します。 そのファイルをダウンロードして、コンピューターに保存します。 次に、このファイルを ArcGIS Earth に追加します。

  1. CaliforniaCountyPopulations.KMZ ファイルをダウンロードして保存します。
  2. ベースマップを [地形図] に変更します。
  3. ツールバーの [データの追加] ボタンをクリックします。
  4. [データの追加] ウィンドウの上部にある [ファイルの追加] をクリックします。 [ファイルの選択] をクリックします。

    ファイルの追加

    [開く] ウィンドウが開きます。このウィンドウでは、コンピューター上を参照してファイルを選択できます。

  5. [CaliforniaCountyPopulations.KMZ] ファイルを参照して選択します。 [開く] をクリックします。

    米国カリフォルニア州を表示するには、ズームや画面移動を行う必要があります。 マップでは、郡ごとの人口が色付きのポイントで示され、総人口が高さの異なる線で表されます。 必要であれば、右クリックしてマップを傾けて 3D ラインを表示します。

    カリフォルニアの郡の人口

    カリフォルニア周辺を画面移動してズームし、さまざまな郡の人口密度を探索します。

    メモ:

    KML および KMZ ファイルをデスクトップからグローブまでドラッグすることもできます。

    次に、シェープファイルをマップに追加します。 多くの政府機関やその他の組織は、シェープファイル形式のデータをオンラインで共有しています。 カリフォルニアの郡の境界線を示すシェープファイルを追加します。

  6. CaliforniaCounties.zip ファイルをダウンロードします。
  7. そのファイルを右クリックして、簡単にアクセスできる場所に展開します ([ドキュメント] フォルダーなど)。
  8. データ ブラウザーから [CA_Counties_TIGER2016.shp] ファイルを ArcGIS Earth ビューアーにドラッグします。

    CA_Counties_TIGER2016.zip のコンテンツ

    ArcGIS Earth に、カリフォルニアの郡の境界線が表示されます。

    マップに表示されるカリフォルニアの郡

    メモ:

    データをシンボル化するために ArcGIS Earth で使用される色はランダムであるため、例の画像とは異なる場合があります。

URL からデータを追加

次に、URL から ArcGIS Earth にデータを追加します。 その前に、コンテンツ ウィンドウで [CA_Counties_TIGER2016][CaliforniaCountyPopulations][Corine Land Cover 2018] データをオフにします。 コンテンツ ウィンドウでは、シンボルのアサインメント、表示順序、各レイヤーのその他のプロパティを管理できます。

  1. ツールバーの [コンテンツ ウィンドウを展開する] ボタンをクリックします。

    [コンテンツ ウィンドウ] ボタンを表示

    コンテンツ ウィンドウが開きます。 このリストには、マップ上で現在使用されているレイヤーがすべて表示されるだけでなく、各レイヤー内のフィーチャが何を表しているかも示されます。

  2. [My Data] の横にあるチェックボックスをオフにして、すべてのレイヤーを非表示にします。

    オフにしたレイヤー

    これで、ArcGIS Earth に地形図ベースマップだけが表示されます。 次に、URL からレイヤーを追加します。

    この演習では、World Traffic Service マップ サービスを追加します。 このマップ サービスでは、推定平均速度に対する相対走行速度と交通事故を視覚化し、表示することができます。 静的なファイルではなく、URL からサービスを追加するため、交通情報が動的に変化し、5 分間隔で更新されます。

  3. ツールバーの [データの追加] ボタンをクリックします。
  4. [データの追加] ウィンドウで [URL の入力] をクリックします。

    URL の入力

  5. [タイプ][ArcGIS Server サービス] が選択されていることを確認します。
  6. https://traffic.arcgis.com/arcgis/rest/services/World/Traffic/MapServer」をコピーして [URL] に貼り付けます。
  7. [名前] に「World Traffic Service」と入力します。

    [データの追加] ウィンドウの設定

  8. [OK] をクリックします。

    World Traffic Service レイヤーがマップに追加されます。 マップに地球全体が表示されるため、このレイヤーを確認することは容易でありません。 範囲を狭めて、このレイヤーを見やすく表示します。

  9. 必要に応じて、[データの追加] ウィンドウを閉じます。 検索ボックスに「デリー、インド」と入力し、Enter キーを押します。

    マップが、ニュー デリーのコノートにズームします。

  10. 必要に応じて、[地形図] ベースマップの上に交通事故が表示されるまで縮小します。

    インドのデリーを示すマップ

    ArcGIS Earth に動的な情報を追加すると、リアルタイムの状況を視覚的に確認できます。 マップをさらに操作し、居住している都市の現在の交通状況を世界の他の都市と比較します。

マップの共有

データをマップに追加したら、次に電子メールでマップを共有します。

  1. ツールバー上の [共有] ボタンをクリックして [電子メール] を選択します。

    [電子メール] オプション

    ArcGIS Earth では、電子メールがデフォルトの電子メール クライアントで開きます。 この電子メールには、マップの画像が添付ファイルとしてすでに取り込まれています。

  2. マップを共有したい 1 人または複数の人の電子メール アドレスを入力します (または自分の電子メール アドレスを入力します)。
  3. 必要な場合は、デフォルトの件名をカスタマイズします。
  4. 個人的なメッセージを入力します。
  5. [送信] をクリックします。

    指定したアドレスに電子メールが送信されます。

  6. ArcGIS Earth を閉じます。
    メモ:

    ArcGIS Earth を閉じると、デフォルトで現在のマップが自動的に保存されます。 自動保存設定を確認または変更するには、ツールバーの [設定] ボタンをクリックします。 [設定] ウィンドウの [一般] で、個人的な好みに応じて [ワークスペースの自動保存] チェックボックスをオンまたはオフにします。 必要に応じて、デフォルトの [ワークスペースのディレクトリ] (ワークスペース ファイルが自動保存される場所) を変更することもできます。

    [ワークスペースの自動保存] をオンにした状態

このレッスンでは、ArcGIS Earth を使用して、地球の探索、ベースマップの変更、データ レイヤーの検索と追加、およびマップの共有を行う方法を学習しました。 インターネット上で実質的に無限と言える量の地理データを自由に利用して探索を続けることができます。 ArcGIS Earth を使用して、他にどのようなことを学習できますか?

その他のレッスンについては、「Learn ArcGIS Lesson ギャラリー」をご参照ください。