[ブルースポットの識別 (Identify Bluespots)] モデルは、指定された DEM 上のブルースポットを検索します。次に、ブルースポット内またはブルースポットに隣接する建物を空間的に選択します。これらの建物は、集中豪雨時に洪水に見舞われるリスクにさらされています。ワークフローの主要なプロセスは、次のとおりです。

サーフェスの平滑化 (Fill)

ブルースポットを識別するには、DEM に対して [サーフェスの平滑化 (Fill)] ジオプロセシング ツールを 2 回実行します。1 回目は、データ内の潜在的エラーと仮定される、0.05 メートル未満の窪地を埋めるために実行されます。この出力データセットは、「正確な」DEM、つまり、生成可能な DEM のうちで少なくとも最高の DEM です。2 回目は、すべての窪地を流出点まで埋めるために実行されます。この出力は、窪地がまったくない平滑化済み DEM であり、次の計算に必須です。

Minus

[Minus] ツールは、セル ベースで、平滑化済み DEM (Small Sinks Filled (すべての窪地が埋められている)) の値から正確な DEM (All Sinks Filled (小さな窪地が埋められている)) の値を減算します。この結果は、有効な窪地であるブルースポットの位置と深度を表示するラスター データセット (Bluespot Depths Cell by Cell (セル ベースのブルースポットの深度)) です。

Con

ブルースポット セルの値と非ブルースポット セルの値を表示するラスター データセットは、[Con] (条件評価) ツールによって生成されます。[Con] ツールは、セルごとに条件式を True または False として評価し、それに従って値を割り当てます。条件式「値 > 0」が Bluespot Depths Cell by Cell (セル ベースのブルースポットの深度) ラスターに対して評価された場合、ブルースポットであるすべてのセルについて True が返されます。これらのセルには任意の値 1 が割り当てられます。「値 > 0」で False が返されるセルはブルースポットではありません。これらのセルには値 NoData が割り当てられます。この出力ラスター データセットは Preliminary Bluespots (準備段階のブルースポット) です。

リージョン グループ (Region Group)

ブルースポット セルは識別されていますが、直感的に意味がわかるような方法でグループ化されていません。非ブルースポット セルに囲まれた、隣接するブルースポット セルのクラスターを個別のオブジェクト (1 つのブルースポット) とみなすのは自然なことです。ただし、Preliminary Bluespots (準備段階のブルースポット) ラスター データセットでは個別のオブジェクトは認識されません。同じ値を持つすべてのセルは、同じゾーンに属すると定義されます。そのため、次のステップでは、近接性に基づき、ブルースポット セルを一意に番号付けされたリージョンにグループ化します。対角線上に接続されているセルを隣接していると定義するようにオプションが設定されます。この出力ラスター データセットは Bluespots with IDs (ID を持つブルースポット) です。

ラスター → ポリゴン (Raster to Polygon)

ラスター オブジェクトとみなすことができるリージョンが、ポリゴン フィーチャクラス (Bluespot Polygons) に変換されます。このモデルの最終的な出力は、他のフィーチャクラスによる表示と解析が可能なフィーチャ データです。

このモデルの別のラインでは、建物データが、ポリゴンからラスター形式に変換された後、再びポリゴンに変換されます。下の画像内の紫色のアウトラインは、元の建物フィーチャの形状を示しています。データがラスター化され、もう一度ポリゴンに変換されると、建物の形状はグレー一色のフィーチャになります。建物のエッジは、このモデルのラスター データセットのセル境界に一致するため、建物自体は、ピクセルがより目立つ外観になり、直交配向の状態になります。

この変換は厳密には、(このモデルで) 必要ではありませんが、この変換により、モデルの主要出力であるブルースポットと建物、類似の構造物が提供されます。

フットプリント

ディゾルブ (Dissolve)

Bluespot Polygons (ブルースポット ポリゴン) データセットを生成する、ラスター → ポリゴンの変換では、ブルースポットと対角線上に接続されているラスター セル (ブルースポットに属する) が個別のフィーチャとして作成されます。それらのポリゴンをそれぞれの gridcode 属性 (リージョンのグループ化中に割り当てられる一意の値) でディゾルブすると、対角線上に接続されたポリゴンと、それらのポリゴンが属するブルースポットがマージされます。

フィーチャ レイヤーの作成 (Make Feature Layer)

このモデルの最終目標は、ブルースポット内またはブルースポットに隣接する建物を検索して選択することです。このような空間的選択ではレイヤーが必要になりますが、このモデルのこのステップで使用できるのはデータだけです。ArcMap では、データをマップに追加すると自動的にレイヤーが作成されます。モデル内でデータからレイヤーを作成するには、[フィーチャ レイヤーの作成 (Make Feature Layer)] ツールを使用します。

空間検索 (Select Layer By Location)

これらの建物は、指定されたリレーションシップを使用してブルースポットと空間的に比較されます。この場合のリレーションシップは交差です。2 つのフィーチャは交差するのは、接している場合、部分的に重なっている場合、または一方がもう一方に内包されている場合です。したがって、建物は、ブルースポットに隣接している場合、またはブルースポット内に一部または全部が含まれている場合に選択されます。

フィーチャのコピー (Copy Features)

選択された建物が、新しいフィーチャクラス (Buildings Touching Bluespots (ブルースポットに接する建物)) にコピーされます。