このモデルで生成される結果の精度と確実度はさまざまな要因の制約を受けます。

  • これらのモデルは、ブルースポット内の建物の標高 (建物の Z 値) を考慮していません。ブルースポット内の建物の標高は、各建物によって異なります。このため、ブルースポットが満水になるまでに、特定の建物が洪水のリスクにさらされるおそれがあります。

    洪水のリスクのスケッチ

  • これらのモデルは、ブルースポットが建物と隣接しているかどうかを考慮しません。これらのモデルは、隣接性を洪水のリスク要因と仮定します (ブルースポットで氾濫が起きた場合、水が建物に流入する可能性があります)。ただし、建物が、ブルースポットの流出点の反対側に位置している場合、その建物は影響を受けないことがあります。
  • これらのモデルは、建物に地下室があるかどうかを考慮しません。一般的に、地下室のある建物は、洪水のリスクが増大する傾向にあります。
  • これらのモデルは、建物の基礎が高いかどうか、つまり、建物の基準高度をテレインよりも上に上げている設計かどうかを考慮しません。
  • これらのモデルは内側のブルースポット、つまり、構造物に完全に囲まれているブルースポットを除去しません。実際には、これらのブルースポットに周囲の集水池から水が流れ込むことはないため、これらのブルースポットは、計算された速度で満水になりません。
  • これらのモデルは、排水溝や排水管、その他の水路を経由する地表面流出の分岐を考慮しません。

一般的な言い方をすると、このモデルは、水道網の詳細情報に依存する専門的な水文解析モデリング ソフトウェアの機能を果たしません。このプロジェクトで使用するソフトウェアは、ArcGIS Spatial Analyst エクステンションと ArcGIS Desktop のみです。データは、高解像度のデジタル標高モデル、ゲントフテ市の建物フットプリントのレイヤー、参照用の都市境界のみであり、 下水道や他の地下/地上の排水路に関するデータは使用されません。

以上の理由で、これらのモデルの計算およびその計算結果に基づくマップは、懐疑的な姿勢で慎重に解釈する必要があることにご留意ください。