ストーリー内でサイドカーを構築

ユーザーが正しくマップを解釈できるように、データの全体像のビューから特定のパターンに案内する一連のマップ ビューを作成できます。サイドカーは、スクロール手法を使用して、マップの特定位置のデータ レイヤーと大縮尺のビューの間を切り替えることができます。

アフリカの都市のストーリーは、サイドカーを使用して都市の成長を示しています。レイヤーをスクロールして 1 つずつ表示し、都市の人口の変化率を含めて都市の人口の数値を比較できます。いくつかのインスタンスでは、注目すべきデータ ポイントにマップが拡大されます。この手法の有用性に関する詳細については、「解説のブログ記事」をご参照ください。または、次の手順を使用して、視覚化されたデータの段階的なウォークスルーを作成します。手順に進む場合は、このレッスンの最後のセクションでアフリカの都市のストーリー マップで使用するコンテンツをすべてダウンロードし、ストーリー全体を再構築することによって新しいスキルをテストすることができます。

サイン インと Web マップの特定

ストーリーで使用するために、アフリカの都市のストーリーのベースになる Web マップを検索してブックマークします。ArcGIS Online[お気に入り] にコンテンツを追加すると、ストーリーに追加する時に特定のコンテンツとして利用できます。

  1. ArcGIS Online に移動し、組織アカウントまたは個人向けアカウントにサイン インします。

    メモ:

    組織アカウントがない場合、ArcGIS の無料トライアルにサイン アップできます。

  2. 検索バーに「Urbanization in Africa」と入力するか、「0263c93beb6a471e97497f1fca05d8e6」のマップの ID を貼り付けます。

    グローバル ナビゲーションで検索すると、ArcGIS Online 全体からコンテンツを検索できます。

  3. 必要に応じて、[フィルター] の下の [<組織> サイト内で検索] オプションをオフに切り替えます。

    組織外のコンテンツを検索します。

  4. 検索により、StoryMaps が Web マップを特定したことを確認します。[お気に入りに追加] をクリックします。

    アフリカの都市化の検索結果と [お気に入りに追加] のボタン

    [お気に入り] にコンテンツを追加しておくと、ArcGIS StoryMaps ビルダーでマップを特定する場合に役立ちます。Web マップの検索が終了したので、ストーリー ビルダーを開いてサイドカーの一連のマップ ビューの整理を開始します。

  5. [アプリ ランチャー] をクリックして、[StoryMaps] を選択します。

    アプリ ランチャーから StoryMaps アイコンを選択します。

    メモ:

    ストーリー ビルダーには、ArcGIS StoryMaps ホーム ページからもアクセスできます。ストーリー ビルダーで他のストーリーを作成してある場合、このときに [マイ ストーリー] の下で参照することができます。お気に入りに追加したストーリー マップは [お気に入り] に表示され、組織で共有されているストーリーは [組織] に表示されます。

  6. [マイ ストーリー] ページで、[新しいストーリーの作成] をクリックします。

    新しいストーリー タイルの作成

    ビルダーで、空白のストーリーが開きます。

  7. ストーリーのタイトルを「Using a Sidecar」とします。

    この名前により、ビルダーを閉じた後でもストーリーを識別できます。

サイドカー スライドの構成

ストーリーを設定したので、コンテンツ ブロックを追加できます。サイドカー ブロックを使用して、多くのタイプのメディアを共有できます。この場合、サイドカー ブロック内の一連のスライドのマップおよびデータを表示するときに、これはユーザーのガイドになる便利なツールです。サイドカーを追加して、アフリカの都市の成長のパターンを示す一連のスライドを構成します。

メモ:

このレッスンでは、サイドカー ブロックに焦点を当てます。StoryMaps に関する説明の詳細については、「新しい ArcGIS StoryMaps の紹介の学習コース」をご参照ください。

  1. ストーリー カバーを過ぎるまでスクロールして、[追加] ボタンをクリックします。
  2. ブロック パレットで、[サイドカー] を選択します。

    サイドカー ブロックをストーリーに追加します。

    情報パネルが開き、サイドカーの使用方法についてのクイック チュートリアルが表示されます。これは最初にブロックを追加したときにだけ表示されますが、情報アイコンをクリックすると、いつでも表示できます。最初に、注釈パネルの表示方法 (フローティングまたはドッキング) を決定します。

  3. [ドッキング パネル] カードをクリックします。

    ストーリーに追加される新しいコンテンツ ブロックは、片側が注釈パネル、反対側が大きいメディア パネルになっています。スライドは、これらの 2 つのパネルの組み合わせで構成されます。

  4. 最初のサイドカー スライドのメディア パネルで、[メディアの追加] メニューをクリックして、[マップの追加] を選択します。

    メディア セクションにマップを追加します。

    [マップの追加] ウィンドウが開きます。タブを切り替えることで、アカウント、組織、および ArcGIS Living Atlas of the World のコンテンツを選択できます。また、ArcGIS Online の任意のコンテンツも、[お気に入り] から追加できます。

  5. [お気に入り] をクリックして、[Urbanization in Africa] マップを選択します。

    お気に入りから [Urbanization in Africa] マップを選択します。

    マップがデザイナー ビューで開きます。マップをストーリーに追加する場合、マップを配置する前に、ズーム範囲とビューを選択してレイヤーの表示設定を行うことができます。これらの変更は、元のマップに影響を与えずにストーリーに保存されます。ここで構成したマップが、サイドカーの最初のスライドに表示されます。アフリカの都市の密集状態の概要をユーザーに表示して開始します。

    ヒント:

    マップのレイヤー名は、レイヤー名 (または [編集] ボタン) をクリックして入力することでカスタマイズできます。これらの変更は、標準的なユーザーが凡例を理解しやすいように、この時点で構築しているストーリー マップにのみ表示されますが、他のマップには何も影響しません。凡例を表示するために、[設定] タブの切り替えボタンをオンにできます。

  6. [デザイン] ウィンドウで、[マップ レイヤー] タブが表示されていることを確認します。
  7. [Urban Density] レイヤーで、[表示] ボタンをクリックしてレイヤーをオンにします。
  8. アフリカ大陸がマップの中心位置になるまでズームおよび画面移動を行ってから、[マップの配置] をクリックします。

    アフリカ大陸をメディア パネルの中心にします。

    マップが、メディア ウィンドウに配置されます。ツールバーの鉛筆アイコンをクリックすることで、いつでもマップの編集に戻ることができます。次に、サイドカーに次のスライドを追加します。同じ [Urbanization in Africa] マップの別の側面を表示するために、スライドを複製します。

    メモ:

    このとき、サイドカー スライドの注釈パネルへのコンテンツの追加を開始することもできます。ただし、スライドを複製すると、注釈とメディア パネル内の両方のコンテンツも複製されます。一連のスライド全体で同じ Web マップを使用するため、順序を設定した後で最初にメディア パネルを複製して構成してマップを調整し、関連する注釈のコンテンツを追加することは、少し早すぎます。

  9. サイドカー ブロックの左下にある [展開] をクリックして、スライド パネルを表示します。

    スライド パネルを展開します。

    この時点で、追加した 1 つのスライドがサムネイルで表示されます。

  10. 現在のスライドのサムネイルの [その他のオプション] ボタンをクリックして、[複製] を選択します。

    現在のスライドを複製します。

    2 番目のスライドがサイドカー ブロックに追加され、エディターが自動的に切り替わって編集を続けられます。

    ヒント:

    Web マップの構成の調整は、(完全に別々の Web マップを追加する代わりに) 同じ Web マップを使用できますので、ユーザーのよりスムーズな操作が実現されます。同じ Web マップを用いているスライド全体をスクロールすると、レイヤーがフェード イン、フェード アウトし、マップが次の表示範囲に画面移動して拡大されます。

  11. メディア パネルの [編集] ボタンをクリックして、複製したスライドのマップ デザイナーを開きます。

    マップを編集します。

  12. [マップ レイヤー] ウィンドウの [Urban Density] レイヤーをオフにして、[Population, 2015 (Cities 100k and up)] をオンにします。
  13. [マップの配置] をクリックして変更内容を保存します。

    人口 10 万人以上の都市のマップ。

    更新したマップが、2 番目のスライドとして追加されます。それぞれの円は、人口 10 万人以上の都市を表します。円が大きくなるほど、人口規模も多くなります。この大陸には、多くの大都市がありますが、最大の都市としてはカイロが突出しています。次のスライドでは、ユーザーの注意をエジプトに向けます。

  14. 2 番目のスライドを複製して、新たに追加した 3 番目のスライドのマップ デザイナーを開きます。
    ヒント:

    スライドは、スライド パネルを折りたたんでいても、複製できます。[複製] ボタンをクリックします。新しくコピーされたスライドが自動的に表示されて、編集を続けられます。

  15. マップの [デザイン] ウィンドウを開き、エジプトがマップ フレームの中心になるように、ズームおよび画面移動を行います。

    特定地域にズームすると、人口のシンボル表示が再描画されます。それらの円は、適切な間隔に表示されますので、パターンを簡単に解釈できます。

  16. [マップの配置] をクリックします。

    エジプトの大都市を示すマップのスライド。

    人口規模は、ストーリーの半分でしかありません。次に、人口の変化率を含む人口規模の比較のスライドを追加します。

  17. スライドのリボンで、2 番目のスライドにある 3 つのドットをクリックして複製し、マップ デザイナーを開きます。

    ヒント:
    スライドを複製すると、新しいスライドが現在選択されているスライドの右側に配置されます。複製する前にスライドを選択した場合、サムネイルをデッキの最後にドラッグして並べ替える必要があります。

  18. [マップ レイヤー] ウィンドウの [Population, 2015 (100k and up)] をオフにして、[Percent Change, 2000-2015 (100k and up)] をオンにします。[マップの配置] をクリックします。

    大都市の人口の変化率を表示するマップ。

    大都市はエジプトと大陸の西海岸の沿岸部にあることが示されますが、東海岸の沿岸部の都市が大きな変化率で成長していると思われます。ビクトリア湖周辺およびエチオピアの中心部から遠い北側にある都市が、2000 年以降 4,000 パーセントを超える比率で成長しています。

  19. 変化率のスライドを複製し (このとき、サイドカーの 4 番目に並びます)、マップ デザイナーを開きます。
  20. [マップ レイヤー] ウィンドウの [ブックマーク] タブをクリックして、[Great Lakes] を選択します。

    Great Lakes のマップのブックマークを選択します。

    マップの表示が、ビクトリア湖周辺のデータ ポイントのクラスターに拡大されます。

  21. [マップの配置] をクリックします。

注釈パネルとストーリーの残りの構築

サイドカー ブロックの一連の Web マップ ビューの構成が完了しました。このブロックのスクロール トランジションは、ユーザーのスムーズな操作によるマップ データ全体の移動をガイドします。サイドカー全体を前後にスクロールして、実際に確認してみてください。

サイドカー ブロックとストーリーの残りを完成するには、説明文と他のメディアをいくつか追加して仕上げる必要があります。アフリカの都市のストーリーの再作成を演習として続けるには、資料をダウンロードできます。

ストーリーを構成する方法の詳細については、「新しい ArcGIS StoryMaps の紹介の学習コース」 (特に最初のチュートリアル) をご参照ください。ArcGIS StoryMaps ビルダーの詳細情報が記載されています。また、質問とヒントについては「GeoNet のコミュニティ」をご参照ください。

その他のレッスンについては、「Learn ArcGIS Lesson ギャラリー」をご参照ください。